クリス・エヴァンス、“キャプテン・アメリカ”で一般人にドッキリ

慈善家のクリス・エヴァンス

慈善家のクリス・エヴァンス(C)AFLO

 人気映画『キャプテン・アメリカ』シリーズの俳優クリス・エヴァンスが、故郷のマサチューセッツ州のコミックブック店を訪れた一般人にドッキリを仕掛ける企画で大はしゃぎした。ガン患者とその家族のための非営利団体「Christopher’s Haven」を支援するチャリティの一環だった。

続きを読む »

 E!Onlineによると、チャリティ活動を支援するOmazeとコラボしたクリスは、「Christopher’s Haven」のための義援金を集めるために書店を脱出ゲームの場と化し、書店の客が謎かけなどに参加できるようにセットアップしたという。

 公開された動画の中でクリスは別の部屋に隠れ、店にセットしたキャプテン・アメリカ人形からスピーカーを通じて客に話しかける。客はクリスの指示に従い、店内に隠されている4ケタの数字を探し当て、手を入れた穴から取りだした覆面マスクとサングラスを身に着け、屋外にいるはずの秘密工作員を探し出してあるものを受け取る…。

 地下室に誘導された客は最後にクリスと対面するというサプライズがあるが、張り出された大きなバナーに書かれた4ケタの数字をなかなか見つけらないなど、動画を見ているとクリスも客も心から楽しでいるようだ。

 Omazeを通じて2月3日(現地時間)までに「Christopher’s Haven」に10ドル以上の募金をした人には、クリスと実際に脱出ゲームを楽しむチャンスがあるという。当選者は3人の仲間を連れて、クリスと共にビールを飲みハンバーガーを食べながらゲームに興じられるという。会場までの国内往復航空券と4つ星ホテルの宿泊付きだそうだ。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP