早丸、本丸、ナレ死…『真田丸』ネット用語生んだ“愛され大河”ついに完結

早丸、本丸、ナレ死…『真田丸』ネット用語生んだ“愛され大河”ついに完結

早丸、本丸、ナレ死…『真田丸』ネット用語生んだ“愛され大河”ついに完結(C)NHK

 三谷幸喜を脚本に迎え、主人公・真田幸村役の堺雅人を筆頭に、大泉洋、草刈正雄、長澤まさみ、内野聖陽、竹内結子、近藤正臣、小日向文世等、超豪華キャストで送ってきたNHK大河ドラマ『真田丸』。初回視聴率19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進をして以降、第2回が20.1%、以降14~19%をキープしてきた“愛され大河”だけに、最終回の放送が終わった今、その喪失感はひとしお。そんな“真田丸ロス”の声を追った。

続きを読む »

 まずは、今回の大河ドラマ『真田丸』の現象を簡単に振り返っておこう。人気脚本家・三谷幸喜の起用、映画バリの豪華キャスト、『ブラタモリ』『鶴瓶の家族に乾杯』『あさイチ』といったNHKの人気番組での番宣と、これまでの大河同様の話題づくりをしながら、新たに取り組んできたのが、地方新聞とインターネットだ。様々な地方でイベントを行い、地方紙に取り上げてもらうことで、ネットをせず、テレビもあまり見ない高齢者を拾い上げ、フェイスブック、ツイッター、LINE、インスタグラムの公式ページを開設したことで若者をゲット。『真田丸』は全方位型の大河ドラマとなった。
 
 その結果、青森県田舎館村の「田んぼアート」では真田昌幸と石田三成が描かれ、過去最高となる34.5万人が来場、昌幸役の草刈正雄が登場した大阪城西の丸庭園でのパブリックビューイングには約5000人が参加と、多くの人が動いた。一方、ネットでは18時からのBSプレミアムの放送を“早丸”、NHKでのオンタイム放送を“本丸”、土曜再放送を“再丸”、録画視聴を“録丸”、淡々と登場人物の死をナレーションが読み上げられる様を“ナレ死”といった具体に、ネット発の用語が誕生。遂には、“Yahoo! 検索大賞ドラマ部門賞”も受賞した。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP