永作博美、先のことは考えず「流れに沿って」 女優人生について明かす

永作博美、女優人生について明かす

永作博美、女優人生について明かす クランクイン!

『連続ドラマW 沈黙法廷』永作博美インタビュー『連続ドラマW 沈黙法廷』永作博美インタビュー『連続ドラマW 沈黙法廷』永作博美インタビュー『連続ドラマW 沈黙法廷』永作博美インタビュー『連続ドラマW 沈黙法廷』場面写真『連続ドラマW 沈黙法廷』場面写真『連続ドラマW 沈黙法廷』場面写真

 「かなり難しいと思いましたね。芝居の手がなくて」と口を開く永作博美。数多くの話題作に出演し、その演技を認められる彼女が新たに選んだのは、直木賞作家・佐々木譲が初めて手掛けた法廷小説を原作とする『連続ドラマW 沈黙法廷』だ。連続する老人の不審死事件の捜査線上に上がった家事代行の女・山本美紀を演じる。クライマックスの法廷シーンの撮影を前にした永作に、本作の魅力を聞いた。

続きを読む »

 犯人なのか、冤罪なのか。情報が錯綜し、報道が過熱する中、美紀は法廷での発言を拒否する。「嬉しいことに、これまでも難しい役をたくさんやらせていただいてきました。その中でも今回の美紀は本当に手がない。セリフがほとんどないので、ひと言を発するのも怖いです。それでいいのかというジャッジもできないのは、久しぶりでした」という永作だが、一方で美紀は「つかんではいけない役」だと強調した。

 「隙間をあえて残しているというか。『人のセックスを笑うな』なんかもつかみどころのない役でしたが、美紀には意思すらない。つかまるところもない、過去も分からない。それをだんだんと埋めていく。法廷シーンでは、やっと美紀に血を通わせられる場面がやってくるので、今から楽しみにしています」。

 美紀をめぐり、さまざまな立場の人間が登場するが、かつて美紀と交際していた青年・弘志は一貫して彼女の無実を信じ続ける。演じるのは市原隼人。永作は、美紀と弘志の関係をとても気に入ったと明かす。「脚本になったときに、いいなと思ったというか、ちょっとキュンとしたことがあったんです。弘志と美紀の関係を、純愛として浮かして書いてくださってあったんですね。それがすごくいいなって。若い方の純愛ものはたくさんありますけど、微妙な年齢での純愛ものって難しいし、なかなかない。でも、実際には求めていらっしゃる方もいると思うんです」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP