『先に生まれただけの僕』櫻井翔、35歳の校長に「こんな校長先生がいい!」

『先に生まれただけの僕』に出演する蒼井優

『先に生まれただけの僕』に出演する蒼井優 クランクイン!

 櫻井翔が主演するドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第1話が放送。櫻井が35歳という若さで校長先生役を務めることでも話題となった本作だが、放送終了後のSNSでは「こんな校長先生ほしい」「こんな校長おったら毎日学校行く」「鳴海校長熱い!熱くて良いよ!!」と絶賛する声が多数集まった。

続きを読む »

 本作は、教育を施す教師たちの人間ドラマを描いた社会派エンターテインメントドラマ。総合商社に勤める鳴海涼介(櫻井)は、ある日、会社が経営する私立京明高校の『校長』になるよう命じられ、毎年赤字の高校の経営再建を任される。突然の命令に戸惑ったが、サラリーマンとして会社の決定に従うしかないため、校長に就任した鳴海は、経費削減を教師たちに促し、進学塾や中学校に営業に向かったりと、学校の再建に奮闘する。教師役に蒼井優、瀬戸康史、井川遥、森川葵、櫻井の恋人役で多部未華子が出演するなど豪華キャストが顔を揃える。

 第1話の終盤では、大学の奨学金について、鳴海と真柴(蒼井)ら教師たちの意見が対立。自身が奨学金で大学に行き、未だにその返済が続いているという鳴海は、奨学金が借金であり、その返済が楽なことではないという現実を、真柴の反対を押し切る形で、生徒に説明する。納得して勉強を頑張ることを期待した鳴海だったが…。

 これまでの学園ドラマと違い、奨学金というリアルな問題について触れたことから、SNSでは「第1話から高校生に現実問題突きつけたぞ。でも奨学金って本当に問題になってること。これは本当に大人だけじゃなくてリアルな高校生にも見てもらいたい」「実際に奨学金で大学に行っていた人は返し続けていくことがきついと言っていた。奨学金の返済問題は以前から問題になっている。企業から来た校長という設定だからこそ取り上げられたことを評価したい」「現実を教えてくれるっていいドラマ」と、様々な意見が交わされるなど反響を呼んでいる。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP