『コウノドリ』第6話、松岡茉優の大きな決断に「涙が止まらない」

『コウノドリ』第6話、松岡茉優の大きな決断に「涙が止まらない」 

『コウノドリ』第6話、松岡茉優の大きな決断に「涙が止まらない」  クランクイン!

 綾野剛と星野源が出演しているドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の第6話が17日に放送された。松岡茉優演じる産婦人科医の下屋加江が、大きな決断を下す姿が描かれ、SNSでは「下屋先生に感情移入しすぎて涙止まらなさすぎてヤバかった、今週のコウノドリえげつない……」「ずっと泣いてたわ。下屋って芯が強いし、見習わなきゃって思う。 ほんといいドラマだな」と、大きな反響を集めた。

続きを読む »

 下屋は、ピンチヒッターとしてこはる産婦人科へ赴き、そこで切迫早産で入院している神谷カエと出会った。この病院で唯一の入院患者であるカエの不安を取り除くために積極的に相談に乗っていた下屋は、名前も年齢も同じことから意気投合し、次第に仲良くなっていく。そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じ、こはる産婦人科の院長にそのことを報告するも、「週明けに検査する」とだけ言われてしまう。ペルソナに戻った下屋だったが、その時、こはる産婦人科から、カエが心肺停止状態で運び込まれてきたのだった…。

 切迫早産の妊婦と出会ったことで、産科医としてのあり方を考えた下屋に、SNSでは「下屋先生の成長への大きな一歩 頑張れ、下屋先生!!」「かえさんの悲しさと、下屋の決断・意思の強さと、産科の優しさと色々なところで涙した」というコメントが寄せられ、多くの感動を呼んだ。

 また、次回の予告で吉田羊演じる小松が病気を患い、深刻な事態になっている様子が映し出されたことから、「来週は小松さん回。もう既にしんど過ぎる」「胸がはち切れそう。次週も感涙必至」「小松さんのやつ予告で泣ける。毎週、涙腺がコウノドリに負ける」という声が多数集まり、号泣を予告する視聴者も続出している。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP