松重豊、杏は「自慢の娘」  3度の父娘役で“親のような気持ち”

松重豊、杏とは「DNAが似ちゃってます」3度目の父娘役はアニメ映画

松重豊、杏とは「DNAが似ちゃってます」3度目の父娘役はアニメ映画 クランクイン!

『百日紅~Miss HOKUSAI~』松重豊インタビュー『百日紅~Miss HOKUSAI~』松重豊インタビュー『百日紅~Miss HOKUSAI~』松重豊インタビュー

 「葛飾北斎っていうと、世界的に著名な人ですよね。でも江戸時代には、彼はただの人気絵師だったわけです」と口を開いた松重豊。そんな松重が、意外や、初となるアニメーションのアフレコを務めたのが『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』における、葛飾北斎、その人だ。主人公・お栄(後の葛飾応為)役の杏とのエピソードや表現者たる思いを聞いた。

続きを読む »

 05年に46歳の若さで逝去した杉浦日向子の傑作と呼び声高いコミックを、『河童のクゥと夏休み』『クレヨンしんちゃん』シリーズの原恵一監督がアニメ映画化。北斎とその娘のお栄を中心に、江戸の風俗や庶民の生活を描いた本作は、「短編からなる原作のエピソードを抽出しつつ、流れるような1本の映画になった。そこにはやはり原監督の力量を感じます」との松重の言葉通りに仕上がっている。

 そしてアニメの力で蘇った江戸の町に生きる北斎は、あくまで北斎でしかなく、松重の顔は浮かばない。「北斎にしか思えなかったと言ってもらえるのは、最高の褒め言葉ですね。今回はこの絵の人物が北斎ですから。僕は声を吹き込んだわけですが、役者として演じるときと通じる部分もありました。どうやって寄り添ってその人を作っていくか。今回は“声で”寄り添っていく作業でした」。

 これまでにも坂本龍馬(舞台『彦馬がゆく』)をはじめとした歴史人を演じてきた。そして都度、「その人物を身近に感じた」という松重。「演じることによって、彼らが人間のレベルに降りてくる感じがあるんです。今回の北斎でも、絵師というのはこういう心構えで、才能のある娘がいて。その子にどう伝えていくか、突き放していくか、親として悩みもしたんだろうといったことを、いろいろ考えましたし、リアルに生きていた人なんだという実感を得ましたね」。

 90歳で大往生を遂げた北斎は、死の間際も「あと10年あったら、5年あったら本物の絵師になれた」と述べていたという。松重も大きく頷く。「異業種の偉大なる大先輩である北斎のその言葉は、役者稼業でもまったく同じ。ひとつの山を登っても、また次の山が見えてくる。分かったなんて言ったらそれで終わり。それは役者の世界も絵の世界も一緒なんだと思います」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP