“秘境グンマー”を県協力でライトノベル化!読めば“群馬ニア”になること間違いなし

県協力のもと、ライトノベル化される『“世界最後の魔境”群馬県から来た少女』

県協力のもと、ライトノベル化される『“世界最後の魔境”群馬県から来た少女』

県協力のもと、ライトノベル化される『“世界最後の魔境”群馬県から来た少女』

 “秘境グンマー”として愛される群馬県をフィーチャーしたライトノベル『“世界最後の魔境”群馬県から来た少女』(PHP出版)が発売されることがわかった。本書は、群馬県庁の協力のもと刊行される。

続きを読む »

 「地域ブランド調査2012」の都道府県ランキングで最下位、翌13年の調査でも44位と微妙な位置にいる群馬県。だが、インターネット上では“秘境グンマー”として愛されている。

 本書は、そんな群馬県を“秘境グンマー”として盛り上がっている県外だけでなく、群馬県民にも受け入れてもらえるよう県協力のもと、群馬県の“あるあるネタ”をこれでも盛り込んだご当地ライトノベルとなる。

 著者の日下一郎氏は「みなさんは普段、群馬のことをどれくらい考えているでしょうか? そんな県がどこかにあったかな、程度のヌルい人はいないでしょうか? この本はそんなみなさんに熱い群馬魂を叩き込むために書かれました」と群馬県をアピール。さらに、「どうかこの本を読んで大脳新皮質のほとんどが群馬で一杯という立派な名誉群馬県民になって下さいね」とユーモアたっぷりにコメントを寄せている。

 ストーリーは、群馬県による世界支配を達成すべく“群馬からやってきた少女”コヨトルが巻き起こす騒動を描く。コヨトルの攻撃には、背負った斧から乳白色の煙を吹きだす「群馬名物・万座温泉!」、手裏剣のようにばらまく「群馬名産・焼きまんじゅう!」などがあり、その攻撃を受けると「グンマー!」と声を上げ群馬の虜になっていくとのことだ。

 また、ストーリー内では「ゆるキャラグランプリ」2012年、2013年で2年連続3位に輝く人気キャラクター「ぐんまちゃん」の陰に封印された、「初代ぐんまちゃん」の存在も明らかになっている。

 読めばあなたも「群馬ニア」になること間違いなし!『“世界最後の魔境”群馬県から来た少女』は、1月17日発売。価格は629円(税別)。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP