2016年来日したハリウッドスター、日本で何をしていた? 滞在中の過ごし方が判明

2016年来日したハリウッドスターは日本で何をしていた?

2016年来日したハリウッドスターは日本で何をしていた? クランクイン!

『ハドソン川の奇跡』で来日したトム・ハンクス『ハドソン川の奇跡』で来日したアーロン・エッカート『ターザン:REBORN』で来日したアレクサンダー・スカルスガルド『ジャングル・ブック』来日したジョン・ファブロー監督とニール・セディ『スーサイド・スクワッド』で来日したウィル・スミス『ジェイソン・ボーン』で来日したマット・デイモン『ジェイソン・ボーン』で来日したアリシア・ヴィキャンデル『スター・トレック BEYOND』で来日したJ・J・エイブラムス『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で来日したフェリシティ・ジョーンズ『バイオハザード:ザ・ファイナル』で来日したミラ・ジョヴォヴィッチ

 300人以上の熱烈ファンに成田空港で出迎えられた『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』御一行、羽田空港で150人のファンから歓声を浴びた『ハドソン川の奇跡』トム・ハンクスとアーロン・エッカート、息子ジェイデンと来日し、親子ともども丁寧なファンサービスが話題となった『スーサイド・スクワッド』のウィル・スミス、寿司の美味しさを熱弁した『ターザン:REBORN』のアレキサンダー・スカルスガルドなど、2016年も多くの映画スターが来日した。もちろん、メインは出演映画のPRだが、空いた時間は何をやっていたのだろうか?関係者に話を聞いた。

続きを読む »

 まずは2016年の来日傾向だが、関係者は「全盛期や東日本大震災後と比べると、かなり減っていますが、日本はまだ重要なマーケットなので、作品のキャンペーン時は必ず日本が入っているように思います」と口にし、こう付け加える。「ただ、滞在時間は確実に短くなっています。そのぶん、お忍びで行動するというより、近場で一般の人とフレンドリーに接するスターが増えてきたように感じます」。

 代表的な例が、『ハドソン川の奇跡』のトム&アーロンだ。かつてのトムは青山の無印良品へショッピングに出かけたり、日本の雰囲気が味わえると評判の「六本木 炉端や」で食事をしたりと、ハリウッドスター御用達の店を訪れることが多かったが、今回は意外にも、有楽町界隈の居酒屋へ。なんと、サラリーマンと一緒に飲んでいたというのだから、一緒に飲めた人はかなり幸運な人物といえるだろう。

 また、インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどをやっているスターは、積極的に来日時の模様を公開。なかでも、『バイオハザード:ザ・ファイナル』のミラ・ジョヴォヴィッチは、インスタグラムで約150万人のフォロワーを有し、注目度は抜群。ミシュランにも載る「鮨 とかみ」、昔からデザイナーと親交のある「プラダ」での1枚のほか、数々のオフショットをアップ。ほかにも、取材で餅や銀鱈の西京焼きを食べたり、娘と一緒にネイルをしたりと、東京を楽しんだそう。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP