俳優業に挑んだRADWIMPS野田洋次郎の人生観「喧嘩って次に向かうステップ」

野田洋次郎「人に伝わりにくい人間臭い性格に共感」

野田洋次郎「人に伝わりにくい人間臭い性格に共感」

『トイレのピエタ』野田洋次郎インタビュー『トイレのピエタ』野田洋次郎インタビュー『トイレのピエタ』野田洋次郎インタビュー『トイレのピエタ』野田洋次郎インタビュー『トイレのピエタ』野田洋次郎インタビュー『トイレのピエタ』野田洋次郎インタビュー『トイレのピエタ』野田洋次郎インタビュー

 人気ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル&ギターの野田洋次郎が、映画『トイレのピエタ』で俳優初挑戦にして主演を務めた。これまで音楽活動に専念してきた野田が“演じる”という表現方法に突き動かされた理由はなんだったのだろうか。彼の人生観や音楽への想いを聞くうちに、本作出演への強い意志が垣間見えてきた。

続きを読む »

 野田演じる宏は、周囲から絵の才能を認められつつも、画家への夢が破れ、頑なに絵を描くことを拒み続けている青年。そして余命3ヵ月と宣告される。「脚本を読んだ時点で、宏のひん曲がったところと真っ直ぐな部分、人に伝わりにくい人間臭い性格に共感しました。日常って、基本残酷だし、僕にはすごくリアリティーを感じる話でしたね」。

 すぐに宏という人間に感情移入したという野田。しかし、決断するまでには葛藤があった。「本が良いというだけで、俳優をやるという理由にはならなかったです。一番惹かれのは、(松永大司)監督の人柄。この本を書いた人はどんな人か知りたいと思ったのがきっかけ。そこから何度も監督とはやり取りをしました。それは僕の中で、始まってから言い訳をしないための確認でもあったんだと思います」。

 時間をかけて築いた信頼関係。さらにもう一つ「RADWIMPS」としてのキャリアも野田を突き動かした。「バンドがちょうど10年を迎える頃だったんです。僕の中では、すごく自信をもって音楽をやれている時期だった。だから直感的に“違うことをやってみよう”って勇気が持てたんです。今考えても、何で決断できたかは説明できませんが、そういう直感を信じるタイプなので」。

 出演すると決めてから迷いはなかった。松永監督と、約1年かけて宏という存在を、作り込むのではなく、育てていった。周囲にアドバイスを受けることもあえてしなかった。「相談することは考えました。でも、付け焼刃の技術を磨いたところで意味はないし、監督もそんなことを僕に求めていないと思った。だから、誰よりも宏という人間を理解しようということを心がけました」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP