池田エライザ、染谷将太を「バケモノ」と感じた瞬間とは? 本人には言えない感謝も

池田エライザが語る、染谷将太の「バケモノ」なところとは

池田エライザが語る、染谷将太の「バケモノ」なところとは クランクイン!

『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー『映画 みんな!エスパーだよ!』池田エライザ インタビュー

  “パンチラ”描写を惜しげもなく繰り出し、ある意味、伝説となった深夜ドラマが、園子温監督の手により『映画 みんな!エスパーだよ!』としてお目見えする。童貞エスパーの高校生・鴨川嘉郎を主人公にしたエッチでおバカな同作に、映画版から嘉郎の幼なじみ美由紀役でモデルの池田エライザが登場。本格的映画初参戦で、とんでもない世界に飛び込んだ彼女の心境とは?

続きを読む »

 オーディションで美由紀に選ばれたときは、嬉しさはもちろんのこと、「マジか!!」と驚いたと笑うが、おそらく決まるなら美由紀役だろうと思っていたという。キャラクター的にヤンキー高校生とされている美由紀。だが、本編を観れば伝わるが、彼女はとてつもなくまっすぐな少女だ。「そうなんです」とエライザも頷く。「わたし自身、どうしようもなく正直なので、美由紀と近い部分はありますね」と分析し、とにかく「わたしは(役者としての)場数を踏んでいないので、美由紀であること、そこから生まれる自然な気持ちに専念することに努めました」と語る。

 その中で本作にとって非常に重要なシーンが加わることになる。もともと差し込み(基の台本にはなかった新たなシーン)が多い園監督だが、本作ではそれが特に多かった。嘉郎が“運命の人”を追い求める、本編に繰り返し登場する、テーマといってもいいある一連のシーンも、実は新たに加わったシーンだった。

 「『本当はよっちゃんのことが好きなんでしょ』とからかわれて、『そんなことないわ!』って言い返すシーンがあるんですが、そこで、わたしの芝居に若干の間があったんです。そしたら監督が『なぜいま、ちょっと寂しそうな顔をしたの?』と。美由紀の気持ちを説明したら、恋の話が膨らんでいって、次の日には、そこから繋がるようなあのシーンが出来ていたんです」。なんともビックリな話だが、この恋の物語が、本作を繋ぐ重要なファクターになった。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP