橋本環奈、アイドルから女優へ 快進撃の裏に「仕事に対する変わらぬスタンス」

橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー

橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー クランクイン!

橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー橋本環奈、『斉木楠雄のΨ難』インタビュー

 最新作『斉木楠雄のΨ難』で、山崎賢人扮する斉木楠雄に思いを馳せる自意識過剰な学園アイドル・照橋心美を全力で演じ切った橋本環奈。『銀魂』に続きメガホンを取った福田雄一監督を唸らせたその表現力は、まさに今までの殻を打ち破る新境地だ。女優として快進撃を続ける橋本が、コメディ映画で演じることの楽しさや難しさ、貪欲なまでの役作り、さらにはソロデビューから半年を経た現在の心境を快活に語った。

続きを読む »

 本作は、週刊少年ジャンプの連載にて大好評連載中の漫画家・麻生周一による同名コミックを実写映画化した学園コメディ。最強の超能力を生まれ持ちながら、普通の生活を送ることを望む高校生・斉木楠雄が、ワケありのクラスメイトたちによって見舞われるハチャメチャな日常を爆笑シーン満載で描く。主演の山崎、橋本をはじめ、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、内田有紀、田辺誠一、さらには福田組の常連ムロツヨシ、佐藤二朗など、個性派俳優の演技合戦も見応えがある。

 『銀魂』の顔合わせのときに福田監督から「照橋心美もカンカン(橋本の愛称)にお願いしたい」とラブコールを受けたという橋本。「まだ『銀魂』の撮影も始まっていない時期、私が(『銀魂』の)ヒロイン・神楽をどう演じるのかもわからない状況だったので、本当に予想外でした」と述懐する。『銀魂』が終わってわずか2週間で本作のクランクイン。戦闘種族のオバカ少女・神楽から一転、ナルシストの学園アイドル・照橋心美へ。役作りをする上で混乱はなかったのだろうか。「キャラクターが全く違うので混乱はなかったですね。むしろ神楽をやり切った経験が照橋さんに生きたと思う」と笑顔を見せる。

 ただ、役作りそのものには相当苦しんだという。「斉木に煙たがられても“照れているだけ”とか、“私は絶対嫌われていない”とか、すべて自分のいいように捉えるところはすごくポジティブなんですが、振り向いてくれないと健気に追いかけるところは案外“ピュア”なのかな? と思ったり。あれこれ考えはじめたら、“これは簡単な役どころじゃないぞ”という思いが湧き上がってきて、すごく気持ちが入りましたね」と当時を振り返る。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP