樋口可南子&松下奈緒、マーベル新作『ドクター・ストレンジ』で吹替え声優初挑戦!

樋口可南子&松下奈緒が『ドクター・ストレンジ』で吹替声優初挑戦

樋口可南子&松下奈緒が『ドクター・ストレンジ』で吹替声優初挑戦(c) 2016MARVEL

 『アベンジャーズ』や『アイアンマン』シリーズなどを生み出したマーベル・スタジオの最新作で、ベネディクト・カンバーバッチが主演を務める『ドクター・ストレンジ』の日本語吹替版に、樋口可南子と松下奈緒が声優として参加することが決定した。さらに、三上晢や小野大輔といった人気声優が出演することも発表された。

続きを読む »

 本作は、厳しい修行により人智を超えた力を手に入れ魔術師となった天才外科医ドクター・ストレンジが、松下は、ドクター・ストレンジが、世界を滅亡から救うため活躍する姿を描くアクション大作。松下は唯一心を許す元恋人で女医のクリスティーンを、樋口はドクター・ストレンジの魔術の師であるエンシェント・ワンを演じることになった。

 両者とも、本作が吹替声優初挑戦。樋口は「(エンシャントを)演じるティルダ・スウィントンさんのお芝居も抑えたお芝居で、魔術が使えるからといってすごく大げさなお芝居があるわけではなくて、淡々と時々笑みを浮かべながら静かにお芝居をするという…そういうお芝居は本当に難しい」と収録を振り返る。一方で、松下も「難しいことだらけでした。ひとつひとつのシーンに対して本当に大事に命を吹き込むかのように、声をちゃんといれていかなければいけないな、という事を感じました」と吹き替えの難しさを語る。

 また、主役のドクター・ストレンジ役には、これまでにも『SHERLOCK(シャーロック)』始め、多くの作品でカンバーバッチの吹替えを担当している三上が、ドクター・ストレンジの兄弟子であるモルド役を小野が務める。

 三上は、「吹き替えは大変でしたが、贅沢な幸せな時間を過ごさせて頂きました。アクションの要素もありながら、ストレンジの成長の物語にもなっているところが魅力です」とアピール。小野も「最初から力があるわけではなく、挫折を乗り越え精神を鍛えてヒーローになるというストレンジの姿に勇気をもらいました。ちゃんと弱さを持ったヒーローなので共感も出来ますし、それを克服するストレンジは男から見ても純粋に格好良い男だなと思います」と、その魅力を語っている。

 映画『ドクター・ストレンジ』は、2017年1月27日より公開。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP