北野武監督『アウトレイジ 最終章』公開決定!ビヨンドの“その後”を描く

『アウトレイジ 最終章』の撮影を行う北野武監督

『アウトレイジ 最終章』の撮影を行う北野武監督(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

前作に続いて登場するキャラクターたち

 北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』が、ワーナー・ブラザース映画・オフィス北野による共同配給にて、2017年に公開することが決定した。

続きを読む »

 『アウトレイジ』シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。シリーズでは2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、累計興収は22億円を超えている。

 5年ぶりの新作となる本作では、前作に続いて、「大友組」の元組長で物語の主人公・大友役にビートたけし、関西最大の組織「花菱会」幹部・西野役に西田敏行、同・中田役に塩見三省、関東の組織「山王会」白山役に名高達男、五味役に光石研、組織を追う警察・平山役に中村育二、同・繁田役に松重豊、韓国大物フィクサーの側近・李役に白竜がキャスティングされた。
 
 北野監督は「シリーズ3作目で色んな事を盛りだくさんにやっているけど、やっぱり俺の映画になっちゃうよな」と続編を待ち望んでいたファンにとっては、期待の高まるコメントを寄せる。

 劇中では、前作の“その後”が描かれる予定とのことだが、詳しいストーリーは明らかになっていない。現在も制作中で、2017年に公開する予定。気になるシリーズ初参戦のキャストは、後日に改めて発表されるという。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP