『キングスマン』続編、2種類のビジュアルから選べるムビチケカード発売

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のムビチケデザイン

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のムビチケデザイン(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のムビチケにデザインされたコリン・ファース映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のムビチケにデザインされたタロン・エガートン

 大ヒットスパイアクションムービー『キングスマン』の続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018年1月5日公開)にて、物語の主人公となるエグジー(タロン・エガートン)、そして、キングスマンを象徴するキャラクターとして大人気のハリー(コリン・ファース)の2種類から好きなデザインを選べる、ムビチケカードが発売される。

続きを読む »

 スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵ゴールデン・サークルの奇襲を受ける。残されたのは、一流のエージェントに成長したエグジーと、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみ。二人は同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう。
 
 しかし表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化の影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテなアメリカ志向。彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか…?

 「Suited.」の文字が前面に踊る通り、英国紳士を象徴する衣装で“キングスマン”らしさ全開のクールな仕上がりとなったムビチケデザイン。派手さとスマートさを兼ね備えたスモークオレンジのジャケットが映えるエグジーは、街のチンピラから一流のエージェントへと成長を遂げたオーラたっぷりの凛とした表情が印象的なアイテムとなっている。

 一方、ハリーは厚手のムートンジャケットとストライプのダブルスーツ、片目を隠したメガネと、死んだと思われた前作から謎の復活を果たす本作でのミステリアスな存在感をアピール。どちらもスタイリッシュなデザインのエグジーとハリーに、ファンはどちらを選ぶか頭を悩ませそうだ。

 また今回は、合わせて30秒予告映像も到着。英国のキングスマンと米国のステイツマンという同盟関係にある2つのスパイ機関が結束し、謎の強大な敵ゴールデン・サークルの陰謀から世界を救うために立ち上がる、本作の物語の一端が垣間見られる映像となっている。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP