浅川梨奈、ゾンビ化まで72時間!『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』夏公開

映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』イメージビジュアル

映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』イメージビジュアル(c)2018「トウキョウ・リビング・デッド・アイドル」製作委員会

 アイドルグループSUPER☆GiRLSの浅川梨奈が主演を飾る映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』が、2018年初夏に公開されることが決定した。本作はパルクールなどのアクションもふんだんに取り入れたガールズアクション・ゾンビ映画。

続きを読む »

 舞台は、ゾンビ感染者は強制収容・抹殺される世界。アイドルユニットTOKYO27区の人気アイドル・神谷ミク(浅川)がゾンビに噛まれてしまう。ゾンビ化までのタイムリミットは72時間。ミクは探偵の犬田(尚玄)に助けを求めて、噂になっているゾンビ血清を探そうとするが…。

 本作でメガホンを取るのは映画『ゆるい -特別版-』などを手掛けた熊谷祐紀監督。共演に、SUPER☆GiRLSの尾澤ルナ、阿部夢梨、男性ボーカルグループSOLIDEMOのメンバー中山優貴、山口智也、“関東一女子高生ミスコン2013”グランプリの古泉千里、『HiGH&LOW THE MOVIE』の井澤勇貴らが名を連ねている。

 浅川は、役作りについて「普段アイドルをやっているからこそ意識した点もあり、活動を生かしながらも『神谷ミク』というアイドルとして生きるために『浅川梨奈』と似たようなアイドルにならないように意識しました」とし、「世界的に人気のあるゾンビ映画と日本のカルチャーであるアイドルという文化。ゾンビ×アイドルの新しい作品ができたと思います」と自信を見せている。

 映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』は、2018年初夏公開。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP