ジェニファー・ローレンスの妖艶さ際立つ 『レッド・スパロー』予告編&ポスター解禁

『レッド・スパロー』ポスタービジュアル

『レッド・スパロー』ポスタービジュアル(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 『ハンガー・ゲーム』のフランシス・ローレンス監督が手掛ける映画『レッド・スパロー』から、主演のアカデミー賞女優・ジェニファー・ローレンスの妖艶さ際立つ予告編映像とポスタービジュアルが解禁された。

続きを読む »

 映画の原作となったのは、元CIA工作員という異色の経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名のスパイ小説。バレリーナの将来が怪我で断たれたドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は、病気の母に治療を受けさせることと引き換えに、ロシア諜報機関の訓練施設へ送られる。そこは、ハニートラップと心理操作を武器としてミッションを遂行するスパイ=<スパロー>の養成機関だった。

 冷酷な女監督の指導の元、持ち前の美貌と頭脳で、ドミニカは望まないながらも、一流の<スパロー>へと仕立て上げられる。気乗りしないまま与えられた最初のミッションは、アメリカのCIA局員に接近し、ロシア政府内に潜むスパイの名を聞き出すこと。しかしその任務をきっかけに、ドミニカは敵国アメリカのみならず、祖国ロシアからも狙われる羽目に。そして、大国間の裏舞台で渦巻く陰謀と欲望が、彼女を信じがたい運命へと導いていく。

 解禁された映像では、ジェニファーが華麗な衣装を身にまとい、セクシーでパワフルな謎めいた女スパイ・ドミニカを妖艶に演じ、彼女が数奇な運命へ巻き込まれている様も描かれている。フランシス監督は「原作を読んでとても気に入ったことを覚えている。“ジェンならやれる”“ジェン以外に考えられない”と思ったが、彼女がこういった強烈な内容を受け入れるかちょっと心配だった」と、ジェニファーへオファーした際の不安を述懐した。しかし、ジェニファーはそのオファーを受け「彼女は本作でリスクを冒す覚悟をしてきた」と監督が明かすように、身体を張った演技を予告編でも披露。

 また、ジェニファー以外にも、ジョエル・エドガートン、ジェレミー・アイアンズ、シャーロット・ランプリングと、オスカー受賞者・候補者が集結し、本格スパイアクションを盛り上げている。

 映画『レッド・スパロー』は3月30日より全国公開。





誕生日

もっとみる

PAGE TOP