ジェニファー・ローレンス、「謝る気はない」ストリップクラブでポールダンス動画流出

ウィーンのストリップクラブで羽目を外している動画が流出したジェニファー・ローレンス

ウィーンのストリップクラブで羽目を外している動画が流出したジェニファー・ローレンス(C)AFLO

 映画『X‐MEN』シリーズのオスカー女優ジェニファー・ローレンスが、インターネットに流出したウィーンで羽目を外しているプライベート映像についてコメント。プライベートでストリップクラブに行き、泥酔してポールダンスをしている姿について謝罪する気はないという。

続きを読む »

 Mail Onlineによると、現地時間17日に流出した動画は4月にジェニファーが新作の撮影で訪れたウィーンのストリップクラブ「Beverly Hills Club」で撮影されたものだという。

 過去に元カレに送ったヌード写真が流出し、ハッカーを相手に訴訟を起こしたことがあるジェニファーだが、動画が流出するとすぐに自身のフェイスブックで「ポールにつかまって踊ろうとしていたことをインターネットによって思い起こされたい人なんて一人もいないわ。あれは私の親友の誕生日で、楽しむために(見られているという)被害妄想を一瞬捨てた結果よ。謝る気はない。あの夜は最高に楽しんだものの」と語り、当時の状況を説明した。

 ジェニファーがブラジャー姿で踊っていたという報道については否定している。「あれはブラジャーではなくて、アレキサンダーワンのトップスよ。それとウソではなく本当に私はダンスがうまいのよ。体幹が全くなくてもね」と、酔っている様子でふにゃふにゃしながらポールにしがみつこうとしたり、床を這いずり回っているような姿をさらしていたことについて、お茶目にコメントしている。

 目撃者の話ではジェニファーは夜11時頃に3人の男性、1人の女性、1人のボディーガードと共に来店。現在交際中の映画監督・プロデューサーのダーレン・アロノフスキーの姿はなかったという。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP