<15年1月期ドラマ総括>『DOCTORS 3』が抜群の安定感! 「月9」も好評

2015年1月期ドラマ、話題作に出演した杏、沢村一樹、真木よう子、柴咲コウ

2015年1月期ドラマ、話題作に出演した杏、沢村一樹、真木よう子、柴咲コウ クランクイン!

 2015年も残りわずか。今年もさまざまなドラマが放送された。こんな時期だからこそ、各クールのドラマを振り返ってみようと思う。まず、2015年冬ドラマ(1月~3月)から。平均視聴率(民放のみ)では、沢村一樹主演の『DOCTORS 3~最強の名医~』(テレビ朝日系)の14.4%がトップを飾った。同作は腕が立ち、患者に対しては温厚ながら、自分の信じる理想の医療のためなら手段を選ばない相良(沢村)をめぐる人間模様を描く人気シリーズ。抜群の安定感で視聴者をひきつけた。

続きを読む »

 同期民放ドラマの中で平均こそ12.5%だったものの、初回視聴率14.8%を獲得したのは杏と長谷川博己のW主演の『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)だった。同作は、結婚は単なる契約に過ぎないと考える“恋愛力ゼロ”の男女を描いた古沢良太脚本のラブコメディ。自身を“高等遊民”と称する長谷川演じる巧と東大出身の理系超合理主義者の杏演じる依子の恋模様は常軌を逸していたが、その不器用さがおかしくもかわいらしかった。ネット上でも「最終回はキュンキュンした」という声が挙がった。

 平均視聴率14.3%で同期民放ドラマ2位を確保したのが柴咲コウと東山紀之主演の『○○妻』(日本テレビ系)。『家政婦のミタ』(同局)で知られる遊川和彦が脚本を手掛け、夫に献身的に尽くす理想的な妻でありながら、ある秘密を持つ“○○妻”ひかりを柴咲が演じた。最終話では、主人公・ひかりが婚約者・久保田正純(東山)をかばい、土手に落ちて亡くなってしまうという衝撃的なラストが話題を呼んだ。

 また1月期は若手俳優が活躍の足がかりを作ったシーズンでもあった。今年、魅力が開花した広瀬すずは『学校のカイダン』(日本テレビ系)で初主演を果たした。真木よう子主演『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)には高畑充希や菅田将暉、松岡茉優などが出演し、ブレイクの足がかりとなった。

いよいよ佳境!2017年冬ドラマ

誕生日

もっとみる

PAGE TOP