気づいてた?大河『直虎』鶴丸役の小林颯、白塗りブリーフの『呪怨』俊雄くんだった

『おんな城主 直虎』、左側の鶴丸少年が『呪怨』俊雄くん!?

『おんな城主 直虎』、左側の鶴丸少年が『呪怨』俊雄くん!?(C)NHK

 1月8日より放送が開始された大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第4回放送まで、主人公の幼少期時代が描かれるという、近年の大河では異例の展開であることが発表されたときは「大丈夫なのか?」という意見も出たが、ふたを開けてみれば、おとわ役の新井美羽、亀之丞役の藤本哉汰、鶴丸役の小林颯の瑞々しい演技は賞賛の声があがった。なかでも、おとわへの気持ちを抑え、おとわと亀之丞の未来を案ずる切ない演技をみせている小林の眼差しが「キュンとくる」と評判になっている。

続きを読む »

 小林演じる鶴丸は、井伊家家臣、小野政直の嫡男。当主の娘おとわと、その許婚となる亀之丞の幼馴染でありながら、身分的な問題から少し引いて二人を見ている少年だ。利発で相手の気持ちが分かる故に感情を抑える性格、そして未来を嘆くような物悲しい表情は、放送後、SNSを中心に「切ない」「可愛い」「守ってあげたくなる」というコメントが相次いだ。

 そんな切ない演技が話題となっている小林だが、本作以外にも、話題作に多数出演している。映画『脳男』では生田斗真扮する入陶大威の幼少期を演じ、今クールから始まった『嘘の戦争』では、主演の草なぎ剛演じる一ノ瀬の少年時代を務めている。また、NHKの大河ファンタジー『精霊の守り人』では、新ヨゴ国の皇太子チャグムを演じ、軟弱だった少年が、だんだんと立派になっていく姿を好演した。

 そんな中でも、もっともインパクトが強かったのが、映画『呪怨』シリーズの俊雄だろう。全身白塗り、ブリーフ一丁という姿で物語に戦慄を与える姿は、『おんな城主 直虎』でみせる、切なく利発な鶴丸とは似ても似つかない。鶴丸=俊雄だと分かっていても、それを理解するまで時間を要するほど、見事なまでのふり幅だ。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP