『精霊の守り人』板垣瑞生、先輩との共演は“養分”に 高良健吾からもらった言葉とは

板垣瑞生、先輩俳優・高良健吾からもらった言葉とは

板垣瑞生、先輩俳優・高良健吾からもらった言葉とは クランクイン!

5人組ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーであり、俳優としても活躍する板垣瑞生5人組ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーであり、俳優としても活躍する板垣瑞生『精霊の守り人 悲しき破壊神』チャグム役、板垣瑞生板垣瑞生(中央)が所属する、5人組ボーカルダンスユニットM!LKM!LK 5thシングル『疾走ペンデュラム』【TYPE‐A】好評発売中M!LK 5thシングル『疾走ペンデュラム』【TYPE‐B】好評発売中M!LK 5thシングル『疾走ペンデュラム』【TYPE‐C】好評発売中

 2017年注目の若手俳優である板垣瑞生が、綾瀬はるか主演で3年にわたり放送中のNHK放送90年大河ファンタジー『精霊の守り人』の第2シーズン『精霊の守り人 悲しき破壊神』に、新ヨゴ国の皇太子チャグム役で出演する。5人組ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーとしても活動し、俳優としては2015年に公開された『ソロモンの偽証』で印象を残した板垣が、現在の心境を語った。

続きを読む »

 板垣が第2シーズン(1月21日より放送開始)から出演する『精霊の守り人』は、人と精霊が共生していた新ヨゴ国を舞台に、女用心棒バルサ(綾瀬)と皇太子チャグムの壮大な冒険を描く歴史ファンタジードラマ。「僕は成長したチャグムとして第2シーズンから出演させていただくんですが、最初にお話しをいただいたときは、『ん?(日本人なのに)チャグム??』となりました(苦笑)」と当時を振り返る。

 その後、原作でもある小説「守り人」シリーズを読んでいくうちに「これはすごいファンタジー大作だ」と思ったという。「軸としては、第1シーズンでチャグムがバルサに言われた『顔も知らない者たちのために生きろ』という言葉を意識しています。ファンタジーではありますが、いまの時代にも照らし合わせて考えられる思いが入っていると思います」。

 現在、『精霊の守り人』第3シーズンの撮影中という板垣は、「すごい俳優さんたちに会いすぎて感覚がマヒしているところがある」と率直な気持ちを明かす。綾瀬の印象については「綾瀬さんは、普段"ぽわん"とした印象なんですけど、役に入ると全然違うし、座長として周りの人たちを包み込む力がすごいんです。本当に優しいし、全体のことを見ていて、こういう人だからバルサをやれるんだと強く感じます」。また、共演者の高良健吾からは、「若いうちにいっぱい怒られたほうがいい。怒られたことで一歩成長できるから、怒られることから逃げちゃだめだよ」という言葉をもらったという。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP