鈴木亮平「精神的に不安定になった」 国民的キャラ・銭形警部役へのプレッシャーとは

ドラマ『銭形警部』で銭形幸一を演じる、鈴木亮平

ドラマ『銭形警部』で銭形幸一を演じる、鈴木亮平 クランクイン!

ドラマ『銭形警部』で銭形幸一を演じる、鈴木亮平ドラマ『銭形警部』で銭形幸一を演じる、鈴木亮平ドラマ『銭形警部』よりドラマ『銭形警部』WOWOW版ポスター銭形警部を演じる鈴木亮平ドラマ「銭形警部」出演の前田敦子ドラマ「銭形警部」に出演する三浦貴大「銭形警部」キャストの3人

 日本テレビ、WOWOW、Huluが共同製作したドラマ『銭形警部』。モンキー・パンチ原作の『ルパン三世』に登場する名物刑事・銭形幸一を主人公にした物語を3社がそれぞれオリジナルで展開する画期的なプロジェクト作品だ。誰もが知る国民的人気キャラクターを演じるのは、2018年の大河ドラマ『西郷どん』で主人公・西郷隆盛を演じることが決まっている俳優・鈴木亮平。これまでも『HK/変態仮面』や『俺物語!!』などで個性的な漫画原作キャラクターを演じてきた鈴木をして「演じる前、一番怖かった」という本作への思いや意気込みを聞いた。

続きを読む »

 鈴木の俳優人生の中でも、相当ハードルが高いという意識があったという本作。「クランクイン前はすごく精神的に不安定になりました。これだけの国民的キャラクターを演じるのは初めてだし、銭形というキャラクターを作るうえで僕に残されている部分があまりないと思ったんです。外見や声だけではなく、歩き方や走り方も個性的だし、最初は自由度があまりないように思えました。これだけイメージが強いキャラクターをどう演じたらいいんだろうって悩みました」とオファーを受けたときの胸のうちを吐露する。さらに「銭形でこんなにプレッシャーを感じるんだから、ルパンを演じた小栗(旬)君は鉄のハートだなって改めて思いました」と感嘆していた。

 しかし、本作で描かれているのは、いつもルパンを捕まえられず地団駄を踏んで悔しがる銭形ではない。「実は銭形って29歳の設定なんです。その若さでインターポール(国際刑事警察機構)の警部って、実は超エリートなんですよ。ルパンがすご過ぎるだけで、決して銭形がダメ警部なわけじゃないんです」。

 こうした面に目を向けることで鈴木にも表現の幅が広がっていったという。「もちろん皆さんはアニメのイメージが強いと思うので、(銭形警部の声優を務めた)納谷悟朗さんや山寺宏一さんの声には近づけようとはしましたが」と前置きしつつ「今回は銭形が主役なので、いつものようなテンションが高くて声を張っているわけではないんです。会話のとき、前の恋人に語りかけるとき……そういう銭形って意外と描かれていないんです。この点に気づくと意外と自由度があるなって思ったんです」と活路を見出したという。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP