三津谷亮、「好きなことをやって生きたほうがいい」祖父の言葉を胸に役者業に邁進中

『3人のパパ』三津谷亮インタビュー

『3人のパパ』三津谷亮インタビュー クランクイン!

『3人のパパ』三津谷亮インタビュー『3人のパパ』三津谷亮インタビュー『3人のパパ』三津谷亮インタビュー『3人のパパ』三津谷亮インタビュー『3人のパパ』三津谷亮インタビュー『3人のパパ』三津谷亮インタビュー『3人のパパ』三津谷亮インタビュー『3人のパパ』三津谷亮インタビュー

 シェアハウスで暮らす3人の若者が、突然現れた赤ちゃんの父親として奮闘する姿を描く話題のドラマ『3人のパパ』。パパの一人で、ファッションデザイナーのはじちゃんこと岡山朔を演じているのは、本作で連ドラ初出演を果たした三津谷亮だ。母方の祖父の言葉「好きなことをやって生きたほうがいい」を胸に役者人生を歩んできたという三津谷に、作品の見所や俳優業への想いについて話を聞いた。

続きを読む »

 平林拓人(堀井新太)、羽野恭平(山田裕貴)、そして岡山朔(三津谷)が、突如現れた赤ちゃんを晴大と名付け、世話に奮闘する姿を描く本作。「はじちゃんは『ゆとり・悟り世代が生み出したモンスター』と言われているんです(笑)」と自嘲する三津谷は、役柄との共通点について、「自分を出していないという部分では、意外に共通しているかもしれません」と分析する。「普段の僕は、いじられキャラに回ったり、人と関わりながらも自分の本質を見せていないというか、関わることで自分を隠したり、ピエロを演じている部分がすごく強いんです。でもはじちゃんの場合は、関わらないで自分を隠すという部分がありますね」。

 これまでに學蘭歌劇『帝一の國』やミュージカル『テニスの王子様』といった舞台作品で活躍を重ねてきた一方、映像の経験は浅い。堀井や山田と違い、自身と視聴者の間にはまだ信頼関係を構築できていないと吐露する三津谷は、「台本を読んだ時には、読み込んで、はじちゃんだけでなく、演じている僕が『誰なんだろう』と、視聴者の皆さんが気になるように思わせなければいけないという気持ちがありました」とクランクイン前を述懐。撮影では堀井や山田と衝突することもあったと明かすが、「ぶつからない作業を選んでいたら、面白いものは多分できない。妥協したらだめだ、疑問に思ったら言っていこうと思ったんです」と充実の表情で語る。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP