広瀬すず、坂元裕二&田中裕子から大きな刺激 猫の“あのさん”に母性も芽生える

広瀬すず、『anone』インタビュー

広瀬すず、『anone』インタビュー クランクイン!

広瀬すず、『anone』インタビュー広瀬すず、『anone』インタビュー広瀬すず、『anone』インタビュー

 全てを失った少女が、出会いを重ねながら、生きる意味を見つけていく…。映画、CMと活躍を続ける広瀬すずが、連続ドラマ『anone』(日本テレビ系)でヒロイン・ハリカに扮してこれまでにない表情を見せている。脚本は同枠で高い評価を得た『Mother』『Woman』の坂元裕二によるオリジナル。早くから注目を集めていた本作を撮影中のスタジオを訪ね、広瀬に話を聞いた。

続きを読む »

 「『Mother』『Woman』を何回も観ていたんです。なにか、とても生々しいというか、感情が全部伝わってくるんです。あと、『最高の離婚』のセリフの掛け合いがすごくおもしろくて、どハマリしてたんです。後になって、脚本が全部坂元さんだったと知って。好きになるものってあるんだなって」。

 今回のオファーには、「『Mother』の方の脚本だよって言われて。『ええ~!』ってビックリしました(笑)。それから過去の作品を観直したりしてからクランクインしたんです」と笑顔を見せる。

 撮影前からの楽しみには、脚本のほかにも大きな存在があった。『Mother』『Woman』へも出演していた田中裕子との共演だ。「撮影に入る前に、是枝裕和監督からメールが来たんです。『田中さんとのお芝居が一番楽しみです。本当にすごい方なので、色んなものを感じて刺激をもらって吸収してください』って」と、『海街diary』『三度目の殺人』で仕事をした是枝監督からの言葉があったと明かす。

 「監督がDVDも貸してくださって、20代の頃の田中さんのドラマなどをいくつか観ました。タンタンってスキップしているような軽さがあって、でも同時に粘り強い感じのお芝居で凄いなって。第2話の印刷所のシーンで、初めてたくさんセリフを交わしたのですが、是枝監督の言っていたことを肌で感じました。なんていうか、嘘がないというか。計算できないから、自分自身の返しも予想していなかったものになる。毎回、生の反応で次のセリフを忘れちゃうくらいです」と刺激を受けている真っ最中だ。





誕生日

もっとみる

PAGE TOP