広末涼子&森山未來、WOWOW異色のホームコメディに出演!史上最年少主演を支える

『ドラマW 稲垣家の喪主』ビジュアル

『ドラマW 稲垣家の喪主』ビジュアル

 第9回WOWOWシナリオ大賞を受賞した、広末涼子、森山未來ら豪華出演陣が織り成すホームコメディ『ドラマW 稲垣家の喪主』が3月18日にWOWOWで放送されることが決定した。主人公の7歳の少年役を、オーディションで抜擢された同局ドラマ史上最年少の金成祐里が演じる。

続きを読む »

 本作は脚本家の発掘・育成、受賞作品の映像化を目的に創設されたWOWOWシナリオ大賞にて、424編から選ばれた第9回大賞受賞作品の小山ゴロ脚本『稲垣家の喪主』をドラマ化。あがり症で悩む小学2年生の男の子を主人公に、彼を取り巻く伯母、叔父、両親、祖母らが織り成す群像劇だ。

 小学2年生の稲垣宙太は猛烈なあがり症で、散々つらい想いをしてきた。ある日宙太は、祖父の葬儀で、喪主の挨拶で緊張でしどろもどろになる父親を目の当たりにし自分が将来喪主になることを案ずる。さらに宙太の家に居候する元キャリアウーマンの伯母・杏子と、売れない漫画家の叔父・脩二の喪主もやることになることになるのでは?と心配事は拡大。かくして宙太は将来の喪主の挨拶を回避すべく、独身の2人を結婚させる行動を実行する…。

 金成が演じるのは、少し心配性で心優しい7歳の少年・稲垣宙太。そんな宙太を広末演じる人情が厚い元キャリアウーマンの伯母・杏子と、森山が担当する売れない漫画家で少年の心を持った叔父・脩二がバックアップ。さらに吉沢悠、松本若菜、原田佳奈、紺野まひる、デビット伊東、佐藤貴史、篠原ゆき子、角替和枝ら豪華俳優陣が集結。監督は映画『ヒロイン失格』『トリガール!』などを手掛けてきた英勉が務める。

 広末は「主人公の宙太はもちろん、私が演じる杏子も弟の脩二もそれぞれがカッコ悪いところもあったり悲しいこともあったりしますが、みんなが一生懸命に生きているとても心温まるドラマです」と同作をアピール。森山も「本作のようなファミリードラマは最近見ないような気がします。すごく暖かい家族の風景の中で、色んな濃いキャラクターを持つ人たちが右往左往して、若干バタつきつつも、最終的に家族に落ち着いていく暖かいドラマになっています」と見所を語っている。

 『ドラマW 稲垣家の喪主』は3月18日22時よりWOWOWプライムにて放送。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP