『精霊の守り人』、ディーン・フジオカと壇蜜の“禁断の恋”の真相が明らかに

『精霊の守り人 悲しき破壊神』第4話「笑う魔物」

『精霊の守り人 悲しき破壊神』第4話「笑う魔物」(C)NHK

『精霊の守り人 悲しき破壊神』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人 悲しき破壊神』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人 悲しき破壊神』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人 悲しき破壊神』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人 悲しき破壊神』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人 悲しき破壊神』第4話「笑う魔物」『精霊の守り人 悲しき破壊神』第4話「笑う魔物」

 全編4K映像で描かれる、綾瀬はるか主演のNHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』。ディーン・フジオカ、高良健吾、鈴木亮平ら、豪華出演者たちにも注目が集まる本作の11日放送分、第4話「笑う魔物」の場面写真が公開された。

続きを読む »

 本作は、昨年3月に放送された「放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』」の続編として制作され、第2章にあたる。全編4K映像で描かれ、主人公・用心棒のバルサ(綾瀬)が、不思議な力を持つ少女のアスラ(鈴木梨央)を守るため、旅に出る物語である。綾瀬が毎話、迫力のアクションシーンを演じることも話題となっている。

 第3話では、バルサはアスラを狙う刺客から逃れて国境の街に住むマーサ(渡辺えり)の衣装店に身を寄せ、アスラが笑顔を取り戻すのを見てホッとする。一方、人質となったタンダ(東出昌大)はスファル(柄本明)から、アスラに宿ったのは破壊神で、再び人々が恐怖に支配されるのを許すのかとただされ、バルサの逃亡先を教えてしまう。その頃、サンガル王国に囚われたチャグム(板垣瑞生)は何者かに命を狙われていた。

 11日放送の第4話では、バルサはシハナ(真木よう子)から届いた脅迫状に従い再びロタ王国を目指す。途中の野営地で狼の群れに襲われるが、アスラが一瞬で狼たちを殺してしまう。高笑いするアスラは確かに禍々しい何者かに支配されていた。また、ロタ王国最大のスキャンダル、王弟イーハン(ディーン・フジオカ)と、タルの民・トリーシア(壇蜜)の過去も明らかとなる。16年前に恋に落ちたイーハンとトリーシアだが、二人の恋は引き裂かれてしまう。引き裂かれた二人の悲恋が、ロタ王国を動乱に巻き込んでゆく…。

 NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』は、毎週土曜21時から放送中。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP