伊藤淳史、 鈴木おさむ企画新ドラマで脳内“スマホ”人間に!?

読売テレビ・日本テレビ系7月新ドラマ『脳にスマホが埋められた』に出演する伊藤淳史

読売テレビ・日本テレビ系7月新ドラマ『脳にスマホが埋められた』に出演する伊藤淳史

読売テレビ・日本テレビ系7月新ドラマ『脳にスマホが埋められた』に出演する新川優愛読売テレビ・日本テレビ系7月新ドラマ『脳にスマホが埋められた』の企画を手掛ける鈴木おさむ

 伊藤淳史が7月新ドラマ『脳にスマホが埋められた』(読売テレビ・日本テレビ系)で、脳内にスマホが埋め込まれてしまったという一風変わった主人公を演じることが明らかになった。本作の企画を手掛けるのは、鈴木おさむで、ヒロインは新川優愛が演じる。

続きを読む »

 本作は、脳内にスマホが埋め込まれてしまった主人公・折茂圭太(伊藤)を中心に描かれるストーリー。アパレル会社に勤務するガラケー使いの圭太であったが、ある日突然、視界にメッセージの吹き出しが飛び交うなどなぜか脳内が“スマホ”状態に。スマホの知識が豊富で、圭太に脳内スマホの使い方を教えるヒロイン・石野柳子(新川)たちに支えられ、人助けを繰り返して成長を遂げていく一話完結のSFヒューマンドラマ。

 企画の鈴木から「ベストキャスト」と表される、主人公・圭太役の伊藤は「ぶっ飛んだ設定の中で、ヒューマンな部分も大切に描いていきたい」と本作への思いを吐露。「僕にとってはスマホは日常生活の一部になっていますが、たまにはスマホを忘れて、離れたくなるときもあります。そのあたりは、主人公・圭太に通ずる部分かも」と役柄との共通点を語る。

 一方、「台本が面白くて一気に読みました」というヒロイン・柳子を演じる新川は「ありえない。けど、ありそう」と感想を告白。「1日の終わりにスマホをいじりながらテレビをつけて、いつのまにか、いじるのを忘れて見入ってしまう。そんな作品をお届けしたい」と意欲を語る。

 ドラマ『脳にスマホが埋められた』は、7月6日より木曜23時59分から放送。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP