小泉今日子、10月新ドラマで宮藤官九郎と久々タッグ!満島ひかり、菅野美穂らと共演

火曜ドラマ『監獄のお姫さま』出演者 上段左から菅野美穂、小泉今日子、満島ひかり、下段左から森下愛子、夏帆、坂井真紀

火曜ドラマ『監獄のお姫さま』出演者 上段左から菅野美穂、小泉今日子、満島ひかり、下段左から森下愛子、夏帆、坂井真紀

 小泉今日子が主演、脚本を宮藤官九郎が務める新ドラマ『監獄のお姫さま』が10月よりTBS火曜ドラマ枠で放送されることがわかった。共演には満島ひかり、菅野美穂、夏帆、坂井真紀、森下愛子という豪華キャストが集結する。

続きを読む »

 ドラマの舞台は女子刑務所。罪を犯した5人の女たち(小泉、菅野、夏帆、坂井、森下)と、罪を憎む1人の女刑務官(満島)の姿を描く“おばちゃん犯罪エンターテインメント”。罪を犯してしまった、生きることに不器用な人間たちの切なさや悲しさを、笑えて泣ける物語として描くとともに、「人はなぜ生きるのか?」「幸せってなんだろう?」という真面目なテーマを、面白く明るく深く問いかける。

 小泉と宮藤のタッグは2013年上期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』以来、TBSでは2003年10月期放送の『マンハッタンラブストーリー』以来14年ぶりとなる。小泉は、「脚本通りに演ずれば面白いこと間違い無しだと思ってます。魅力的な役者さんたちとの共演もとても楽しみです」とコメント。

 また『ごめんね青春!』(2014年)以来の宮藤作品への出演となる満島は「出演者を聞いてうひゃーとなり、脚本はおかしくて読み進めるのが大変でした」と話し、本作で宮藤脚本初出演となる菅野は、「エスプリと同時に、炸裂感のあるクドカンワールドに自分も参加させて頂けることに、ワクワクしています」と期待を込める。

 脚本を手掛ける宮藤は、「これまでいろんなドラマを作ってきましたが『で、つまるところ俺は何が書きたいんだ』と自問自答しました。結局、おばちゃんのおしゃべりを書いてる時がいちばん楽しいという結論に至りました」と振り返り、「大好きな女優さんの大好きなお芝居が観たい。それがこの『監獄のお姫さま』の核心です。愛すべきカッコイイおばちゃんのおしゃべりと衝動によって転がり続ける無責任クライムエンターテインメント。楽しんでもらえたら最高です」と意気込みを見せている。

 演出は『逃げるは恥だが役に立つ』『木更津キャッツアイ』の金子文紀氏が務める。

 ドラマ『監獄のお姫さま』はTBS系にて、10月より毎週火曜22時から放送。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP