『陸王』第1話、崖っぷち足袋メーカー再起の物語に「泣けた」など大反響!

『陸王』第1話、崖っぷち足袋メーカー再起の物語に「泣けた」など大反響!

『陸王』第1話、崖っぷち足袋メーカー再起の物語に「泣けた」など大反響! クランクイン!

 役所広司が主演を務める日曜劇場『陸王』(TBS系/毎週日曜21時放送)の第1話が15日に放送され、視聴者からは「陸王最高すぎる」と早くも感動の声が広がっている。

続きを読む »

 原作は、『半沢直樹』『下町ロケット』を生み出したベストセラー作家・池井戸潤による企業小説で、ドラマスタッフも『半沢』『下町』チームが再結集。埼玉県行田市を舞台に、経営不振に陥る老舗の足袋メーカー「こはぜ屋」4代目社長・宮沢紘一(役所広司)が会社存続のため、足袋の良さを生かした“裸足”感覚を追求したランニングシューズ「陸王」を開発し、世界的シューズメーカー「アトランティス社」と対峙していく姿を描く。

 1話は宮沢が、埼玉中央銀行に追加融資の相談に訪れた際、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業を提案されるところから始まる。宮沢は自社ならではのランニングシューズ開発を思い立ち、社員一丸となって試作品作りを繰り返す。出来上がった一足は、ケガをした選手のための矯正用のシューズとして使ってもらえる可能性を見出す。

 そんなある日、宮沢は、長男・大地(山崎賢人)を連れ出し、愛知県豊橋市で行われる国際マラソン大会を見に行く。彼らの目の前で、「ダイワ食品」の実業団ランナー・茂木裕人(竹内涼真)が、「アジア工業」の毛塚直之(佐野岳)とのデッドヒート末、ひざを負傷。ケガをした茂木に試作品を使ってもらおうと、宮沢は「ダイワ食品」陸上部を訪ねるのだが…。
 
 SNS上では、「陸王最高すぎる」「役所さんの圧巻の演技にやられた」といったコメントが多く寄せられた。山崎については「役所さんとの親子の演技も自然で。物語と共にこれから彼がどう化けていくのか楽しみだな」、ランナー役のため8kgの減量と肉体改造を行ったという竹内涼真には「ほんとに選手を見てるみたいだった!」など、称賛の声が見られた。

 ドラマ『陸王』は、TBS系にて、毎週日曜21時より放送(第2話は29日放送)。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP