深田恭子、2018年1月期新ドラマで夫・松山ケンイチと妊活に励む妻に

新ドラマ『隣の家族は青く見える』で共演する深田恭子と松山ケンイチ

新ドラマ『隣の家族は青く見える』で共演する深田恭子と松山ケンイチ 

 女優の深田恭子が、2018年1月期の木曜劇場『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)で、松山ケンイチ扮する夫と妊活に励む妻を演じることが発表され、深田は「現代的な悩みを抱えたこの夫婦がどう歩んで生きていくか、新たな夫婦の形を演じていきたいです」と語っている。

続きを読む »

 本作は脚本家・中谷まゆみによるオリジナルストーリー。様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅“コーポラティブハウス”を舞台に、現代的な悩みを抱えた家族たちの姿を描く。

 深田が演じる主人公・五十嵐奈々は、スキューバダイビングのインストラクターで活発な妻。松山が演じる中堅玩具メーカーに勤める五十嵐大器は、心優しいが、ちょっと頼りない夫だ。そんな2人が“コーポラティブハウス”を購入したことをきっかけに、子作りをスタート。しかしそう簡単に授からず、子供を作ることがどんなに大変なことなのかを痛感しつつ、妊活に立ち向かっていく。

 深田は「オリジナルストーリーである本作の台本を読ませていただいて、家族同士であっても一見しただけでは分からない様々な思いが渦巻いていて、それがどのように絡み合っていくのか、私自身とても楽しみにしています」とコメント。「誰しもが、一人の人間であり、一組のカップルであったり、一つの家族であったり、様々な問題を抱えながら、どう生きるかという選択肢を探しているのではないかと思っています」としたうえで、「松山ケンイチさんとは、『平清盛』以来の夫婦役となりますが、現代的な悩みを抱えたこの夫婦がどう歩んで生きていくか、新たな夫婦の形を演じていきたいです。大切な人と思いが繋がる為に葛藤している、そんな愛らしい家族や恋人たちを見て、皆さんの隣にいる人たちに目を向けるきっかけになればと思います」と作品への想いを語っている。

 一方の松山は、「深田さんとは一度大河で夫婦を演じた事があるので、また夫婦を演じられる事がうれしいです」と喜びを明かしつつ、「(個人的に家族に対して思うことは)仕事にかまけて家族のコミュニケーションを怠ってしまう事が一番残念な事だと思います。どんなに仕事がうまくいっても、何の為に働いているのかがわかっていなければ本当の幸せには届かないと思っています。自分自身の課題でもあります」と話す。夫婦のリアルな悩みを演じることについては「そもそもリアルでないと意味がない様に思います。ドラマだから物語や人物像が都合よく描かれるという事では今回の題材を描く意味がないと思うのでスタッフキャスト全員で深めていければと思います」と意気込みを語った。

 木曜劇場『隣の家族は青く見える』は、フジテレビ系にて2018年1月より毎週木曜22時放送。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP