『わろてんか』第14週、てんの息子と乙女組メンバーが家出騒動 理由を聞き驚くてん

『わろてんか』第14週「みんなの夢」

『わろてんか』第14週「みんなの夢」(C)NHK

『わろてんか』第14週「みんなの夢」『わろてんか』第14週「みんなの夢」『わろてんか』第14週「みんなの夢」

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』。第13週『エッサッサ乙女組』では、時代は大正10年、北村笑店は芸人200人以上、傘下の寄席を15軒も抱える大きな会社になっていた。将来を見すえ新しい演目を探す藤吉(松坂桃李)は安来節に関心を持ち島根へ向かった。急遽藤吉から「お金を大至急持って来て」と言われたてん(葵わかな)も合流。踊り子の選考会を開き優秀な娘たち4人を選び大阪へ連れ帰った。大阪で安来節を売り出すために娘たちの稽古が始まるが、息が合わず難航する。

続きを読む »

 1月4日から放送される第14週『みんなの夢』では、島根から連れてきた踊り子4人で「安来節乙女組」を結成。そのメンバーの一人・とわ(辻凪子)が、稽古がうまくいかず大阪の暮らしにもなじめない中、てんの幼い息子・隼也(南岐佐)と家出騒動を起こす。だが伊能(高橋一生)により見つけ出された2人。てんは隼也が、とわと一緒に家出した理由を伊能から聞かされ驚く。

 とわは踊りができず自分が乙女組の結束を乱していると落ち込んでいたが、都(大後寿々花)ら他のメンバーと話し合うことで、その結束が固くなった。藤吉は乙女組を解散すると口にしたが、監督役を務める風太(濱田岳)や、乙女組メンバー4人は、稽古を続けて安来節で高座に上がりたいと頼み込む。踊りに艶っぽさが足りないと感じた風太は、リリコ(広瀬アリス)に指導を頼む。4人は厳しい指導に反発するが、的確なアドバイスに心を開いていく。

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP