『西郷どん』第1話に大反響!『ドクターX』中園ミホ脚本に「めちゃくちゃハマった」

鈴木亮平主演、『西郷どん』放送スタート!

鈴木亮平主演、『西郷どん』放送スタート! クランクイン!

 NHK大河ドラマ『西郷どん』(せごどん)の第1話が7日、ついに始まった。『やまとなでしこ』(フジテレビ系)、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)、連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)など話題作を手がけてきたヒットメイカー・中園ミホの躍動感あふれる脚本に、「めちゃくちゃハマった」「大河が面白い」など称賛の声があがっている。

続きを読む »

 原作は林真理子による小説『西郷どん!(前編・後編)』(KADOKAWA)。ちょうど150年前、300年続いた徳川の世を終わらせ、日本を近代国家へと変えていった西郷隆盛49年の人生を描いた物語を、中園が繊細かつダイナミックに描いている。

 隆盛を演じるのは『花子とアン』、『天皇の料理番』(TBS系)、映画『俺物語!』などで知られる鈴木亮平。人に愛され、時代に呼ばれた男の生涯を、186cmという恵まれた体格と熱量の高い確かな演技力で挑む。

 第1話は、西郷の幼少期・小吉(渡邉蒼)時代から描かれる。町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた彼は、「妙円寺詣り」という藩最大の行事で一番乗りで寺に到着し、褒美をもらう。そこで島津斉彬(渡辺謙)と“再会”を果たしたが、小吉は恨みを持ったほかの町の少年から刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなってしまう。

 ストーリーへの感想としては「映像がとても美しく躍動感も半端ない。子役の子達の頑張りとベテランの役者さんの安定した演技で引き込まれた。来週も楽しみ!」「近年の大河で一番引き込まれた第1回だったような気がします。映像の雄大さ、テンポ、音楽、1時間の番組としての構成もすごく良いと思いました」など絶賛の声も寄せられている。
 
 キャストへの声は、島津斉彬演じる渡辺謙には「別格の存在感」「オーラ全開!!すごかった!!」と興奮する視聴者も。また、隆盛の父・吉兵衛を風間杜夫、母・満佐を松坂慶子、盟友・大久保正助(子役時代は石川樹、のちに瑛太)の父は平田満と、映画『蒲田行進曲』の主要キャストが揃い、往年のファンを感動させていた。

 『西郷どん』は、毎週日曜日NHK BSプレミアムにて18時、総合テレビにて20時放送。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP