本郷奏多、アニメ『いぬやしき』で実写版と同じ“安堂直行”役として出演決定!

本郷奏多、『いぬやしき』アニメ&実写で“安堂直行”役に

本郷奏多、『いぬやしき』アニメ&実写で“安堂直行”役に

本郷奏多、『いぬやしき』アニメ&実写で“安堂直行”役に『いぬやしき』10巻

 フジテレビ系の人気深夜アニメ枠“ノイタミナ”で10月から放送開始する『いぬやしき』のキャラクター&キャストが追加発表。2018年公開予定となっている同作の実写版で安堂直行を演じる俳優の本郷奏多が、アニメ版で声優として同じ役柄を務めることが明らかとなった。

続きを読む »

 本作は、大ヒット作品『GANTS』の原作者・奥浩哉が手がける日常と非日常が交錯する異色作。定年を間近に控える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受けて自暴自棄に。しかしその晩、突如飛来したUFOの墜落に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わった彼は人間を遥かに超越した力を手に入れることになり…。

 本郷が演じる安堂は、物語のキーマンとされるキャラクター。犬屋敷の最大の敵となる高校生・獅子神皓の幼馴染であり、獅子神が日本に向けて宣戦布告を行ってからも心 を許す数少ない存在。心優しい性格で、人を傷つけるために力を振るう獅子神を止めるべく犬屋敷の相棒となって奮闘する。

 作品について「僕自身いぬやしきのファンであり、何より奥浩哉先生のファンなのでアニメ化はとても楽しみです」と語る本郷は、実写版『GANTS』で西丈一郎を演じた経験も振り返り「作中で『GANTZ』について安堂が触れるシーンがあるのですが、映画に出させて頂いた身として色々と不思議な気分になりました。その辺りも楽しみにしていてください」とコメントを寄せている。

 アニメ『いぬやしき』は10月12日よりフジテレビ“ノイタミナ”枠で毎週木曜24時55分から放送スタート。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP