流行語大賞トップ10入り「聖地巡礼」、『君の名は。』に続く2017年作品は…

流行語大賞ランクイン「聖地巡礼」、『君の名は。』に続く2017年作品は…

流行語大賞ランクイン「聖地巡礼」、『君の名は。』に続く2017年作品は…(C)2016「君の名は。」製作委員会

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』舞台となる岡山県児島の背景美術『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』場面写真『ひるね姫』

 2016年新語・流行語大賞にトップ10入賞をした「聖地巡礼」。映画やドラマなどのロケ地や舞台となった場所を実際に訪れることを指す。一部のファンの間では以前から行われていたため、とりわけ珍しいことではないが、新海誠監督の映画『君の名は。』の大ヒットとともに、登場した場所に人々が多くつめかけ、再び「聖地巡礼」という言葉が脚光を浴びた。そんな聖地巡礼の魅力を、先日、関係者向けの試写会が行われた、次なる“聖地”注目作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』に登場するシーンと共に紹介しよう。

続きを読む »

 2016年、聖地巡礼について語るのであれば、『君の名は。』に触れないわけにはいかないだろう。舞台となっている糸守町のモデルは岐阜県の飛騨市といわれている。さらに東京都内にある「聖地」もすでに特定され、多くの人が足を運んでいるという。実際に訪問した人々は、ブログやツイッターに、映画に登場した景色と同じ風景写真を投稿して楽しんでいる。

 2017年公開作品で、聖地巡礼作品として注目されそうなのは3月18日公開の『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。『攻殻機動隊S.A.C.』や『東のエデン』の神山健治監督による初の劇場オリジナル作品だ。神山監督自身が、プライベート旅行で訪れた岡山県倉敷市児島を映画の舞台にしたいと強く思ったことがきっかけとなり、物語の中心舞台として描かれている。また。主人公のココネを高畑充希が演じることでも話題となっている。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP