こども病院のセラピー犬が引退 優しさ溢れるお疲れ様パーティ

こども病院のセラピー犬が引退 優しさ溢れるお疲れ様パーティ ※「SeattleChildrens」ユーチューブ

こども病院のセラピー犬が引退 優しさ溢れるお疲れ様パーティ ※「SeattleChildrens」ユーチューブ

 アメリカ、シアトルのこども病院で11年間働き続きてきたわんこが引退の時を迎えた。そのわんこの名前はエイブ。エイブかこれまでに癒してきたこどもの数は数千以上に上る。引退を記念して、エイブの労をねぎらうパーティが行われた。海外メディアPeopleが伝えた。

続きを読む »

 「患者やその家族だけでなく、病院のスタッフもエイブとの時間を楽しみにしてくれていた」と語るのは、飼い主のジュディス・ボニファチ。以前飼っていたゴールデンレトリーバーを亡くし、その後に飼い始めたのがエイブだった。

 エイブには自分だけでなく、周りの人々の人生にも影響を与えて欲しいと考え、ボニファチはエイブがまだ子犬だった時にセラピー犬の訓練を受けさせた。一般的にセラピー犬になるまでには3、4年の訓練を要するが、エイブは生後14ヵ月で認められるに至った。そして、地元の小学校でセラピー犬としてのキャリアをスタートさせたのだ。

 エイブが2歳になってからは、動物療法プログラムの一環として毎週こども病院を訪れるようになった。そして、それをその後10年以上にわたり続けてきたのだ。愛され続けながらも、体力が落ちてきたこともあり、惜しまれながらも引退することとなり、こども病院では愛に満ちた引退パーティが行われた。

 今後エイブは、ボニファチとともに家でのんびりと過ごす予定だ。またエイブの後任として、ボニファチの飼う2歳のゴールデンレトリバー、ジャッキーが働き始める。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP