元博報堂のプロレスラー三富政行、プロレスをしてない時は「心の息ができなかった」

博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行

博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行 クランクイン!

博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行博報堂で務めた経歴を持つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行リングに立つプロレスラー・三富政行

 慶應義塾大学から大手広告代理店・博報堂に入社し誰もが羨むエリートコースを歩みながら1年足らずで退社。現在はユニオンプロレスに所属し全日本プロレスに参戦、さらにパーソナルトレーナーとしても活躍する三富政行。収入は減じ、約束された未来も手放したが、「好きなことをやり続けてよかった」と彼は言う。リングで、そして社会の尺度と戦う、三富が発するメッセージとは?

続きを読む »

 高校時代には強化選手に選ばれるなど、優秀な空手少年であった三富の人生を変える出会いがあったのは小学6年から中学1年にかけての頃。「プロレスリング・ノア」の深夜中継で三沢光晴(享年46歳)VS 小橋建太戦を見て、「この人たちは超人だ」と衝撃を受けたという。中高一貫の進学校へ通っていた三富だが、中学でも高校でも“将来の夢”には迷うことなく「プロレスラー」と記入。夢の実現へひた走ってきた。

 慶應大学在学中は「潮吹豪」のリングネームで“ミスター学生プロレス”と称されるほど活躍。「その時から結構あざとかったんです」と笑い「やっぱりいい大学へ行ってプロレスやってたら注目されそうじゃないですか。だから早稲田か慶應に行こうっていうのはありました。なのでプロレスありきです」というからその当時から目標達成力、そしてセルフプロデュースに長けていたようだ。

 就活は「ほとんどしなかった」と話すも、博報堂の内定が決まった際は「悩みましたけど“博報堂にいた”っていうキャリアがあった方が絶対面白くなるなと思って、そっちを優先しました」と入社を決意。ここでもセルフプロデュース的頭が働いたというか、やはりプロレスラーとしての自分が前提にある。だが三富が思う以上に、自身のプロレスを思う気持ちは大きかった。

 「会社にいた時は朝5時半に起きて、24時間やってるジムでトレーニングをしてから出社したりしてました。いつも仕事が終わるのは0時頃、遅い時は2時に終わって1時間ぐらいしか寝てないのに、5時半に起きることもありました」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP