『ローグ・ワン』に事前準備はいらない! 誰もが楽しめる単独のSWストーリー

『ローグ・ワン』に事前準備はいらない! 誰もが楽しめる単独のSWストーリー

『ローグ・ワン』に事前準備はいらない! 誰もが楽しめる単独のSWストーリー(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 まもなく全世界で公開がスタートする『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。“待ってました!”とばかりに一足早く本作を鑑賞する機会を得た筆者は、期待に胸を膨らませ関係者試写会へ。そして観た感想は…「ギャレス(・エドワーズ)監督、あなたはスター・ウォーズファンの気持ちを裏切らなかった!」。

続きを読む »

 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、『スター・ウォーズ』シリーズのアナザー・ストーリー。この“アナザー・ストーリー”というのが肝であり、本作はこれまで脈々と受け継がれてきたスカイウォーカー家の系譜が主人公ではなく、孤独な女戦士、ジン・アーソが主人公となる。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2‐D2に託したデス・スターの設計図は、いかにして入手することができたのか? そこにはわずかな希望をつなぐために、命を懸けたミッションに挑んだ名もなき反乱軍戦士たちがいた…。本作は、その“名もなき反乱軍戦士たち”のストーリーを描く。

 自他共に認めるSWフリークの筆者だが、本作に関していえば当初は公開を待ち焦がれるほどテンションを持ってはいなかった。なぜなら「スカイウォーカー家が主人公じゃないから」。それに、「ライトセーバーなども出てこないというし、何の武器を使って戦うんじゃ!?」ぐらいの気持ちだった。ただ、昨年の『フォースの覚醒』公開から1年を掛けて、SWあるあると言わざるをえない情報小出し作戦にしてやられてしまい、公開が迫る今となっては、公開までの日にちを指折り数えるほどになってしまった。

 筆者のSW愛はさて置き、冷静な目で本作の感想をいうと、まずこれまでのSWシリーズとは違い、新旧シリーズを観ていなくとも本編を楽しむことができる。予備知識ゼロで初めてSWを観るという人でも大丈夫。SWといえば、「エピソード1~3と4~6、どちら側から観たほうが良い?」という会話を、誰しも1回は経験したことがあるはずだが、本作にその会話は必要ない。

 もうひとつ、これまでのエピソードとは異なると感じた点は、主人公らの仲間意識。あくまでも筆者個人の考えだが、アナキン(=ダース・ベイダー)、ルーク、レイア姫、レイ…なんとなく“いち個人”としての感情を最優先に戦っているようなイメージがある。だが本作の主人公・ジン含め反乱軍メンバーは、自分個人の気持ちではなく仲間と共に“大義のため”に戦っているのだ。チームプレイが大好きな日本人にとっては、まさにうってつけ。SWファンはもちろん、初めて観る人も感情移入することができるはず。

 最後は、「あーなるほど」という形で『エピソード4』へとつながる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日より全国公開。(文:ほりかごさおり)

誕生日

もっとみる

PAGE TOP