伊藤英明は気のいいジャイアン? 矢口史靖監督が『ウッジョブ』舞台裏を激白

三浦しをんの原作を映画化した矢口史靖監督、撮影の裏側を告白

三浦しをんの原作を映画化した矢口史靖監督、撮影の裏側を告白 クランクイン!

『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』BD豪華大木エディション

『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』BD豪華大木エディション(C)2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』場面写真『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』場面写真『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』場面写真『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』場面写真『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』場面写真

 『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』『ロボジー』などのヒット作を次々と生み出してきた矢口史靖監督の最新作『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』のDVDがリリースされる。直木賞作家・三浦しをんの小説をベースに、都会のへなちょこ青年が林業の世界に飛び込み、成長していく姿を、笑いを織り交ぜて描いた同作について矢口監督が語った。

続きを読む »

 へなちょこ青年・勇気に扮したのは、若手演技派の染谷将太。本作では可愛らしい笑顔を武器に新たな魅力を見せる。「キラキラしてなかったんですよ」とは、オーディション時の染谷に対する監督の弁。続けてこう振り返った。

 「ほかに来ていたみなさんは、アピールも凄かったし、キラキラしてた。その中で、“染やん”だけが完全な自然体でやってきたんです。それがおもしろかった。そこから好きな映画なんかの話をわ~っと始めて、たまにニヤっと笑うんですよね。その顔がとてもチャーミングで、トロンとした目がパッと開くわけです。あ、この子、一瞬キラっと光る瞬間がカワイイんだなと。勇気がだんだん成長していって、後半にかけてより目が開いてイキイキしていく様に生かせるんじゃないかなって」。

 林業の鬼・ヨキ役を演じる伊藤英明と、勇気が神去村を訪れるきっかけとなった美女でありながら、実際は男嫌いの直紀に扮した長澤まさみも新境地を開いている。

 「伊藤さんのあの肉体と甘いマスクはイケルぞと。ただ、ヨキはエッチで浮気性で、野性味あふれるガサツな男。伊藤さんのダンディーさをどれだけ削ぎ落とし、ヨキらしくできるかと不安もあったんです。でも、杞憂でしたね。会った瞬間に、こいつはヨキだなと。気のいいジャイアンとでもいいますか。加えて、彼は演技の面ではすごく繊細なリクエストをさらっとやってのけてくれるんです。映画を観た人から、“伊藤英明は現代の三船敏郎だ”と言われた時、なるほど! と膝を打ちました」。

 「長澤さんの直紀は、完全に女を捨てている役どころ。でも勇気と出会って、最後にはとてもステキな女性になる。もともと本人がさっぱりしたポン酢のような人だというのは知っていたので(笑)、どうにか生かせる役はないかと思っていたんですが、今回はドンピシャでしたね」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP