福士蒼汰&有村架純、4度目の共演で相性ばっちり「いつ会っても安心できる」

福士蒼汰&有村架純、『ストロボ・エッジ』インタビュー

福士蒼汰&有村架純、『ストロボ・エッジ』インタビュー クランクイン!

福士蒼汰&有村架純、『ストロボ・エッジ』インタビュー『ストロボ・エッジ』有村架純インタビュー『ストロボ・エッジ』有村架純インタビュー『ストロボ・エッジ』有村架純インタビュー『ストロボ・エッジ』福士蒼汰インタビュー『ストロボ・エッジ』福士蒼汰インタビュー『ストロボ・エッジ』福士蒼汰インタビュー『ストロボ・エッジ』福士蒼汰インタビュー『ストロボ・エッジ』福士蒼汰インタビュー『ストロボ・エッジ』福士蒼汰インタビュー『ストロボ・エッジ』福士蒼汰インタビュー『ストロボ・エッジ』福士蒼汰インタビュー

 「人を好きになるって、やっぱりいい」と声を揃える福士蒼汰と有村架純。“全員が片想い”という究極のラブストーリーとして人気の咲坂伊緒(『アオハライド』)による同名少女コミックを実写映画化した『ストロボ・エッジ』で、一ノ瀬蓮と彼に恋する木下仁菜子に扮してW主演を務めたふたりが感じたものとは?

続きを読む »

 「高校生の頃に初めて読んだ少女漫画で、それから蓮は僕にとっての理想の男性像でした」と明かす福士。蓮は学校イチのモテ男だが、福士が惹かれたのは彼の内面だった。「さりげない優しさ。それがカッコいいなと思って」。

 同じく高校時代に原作を手にしたという有村は「仁菜子が本当にピュアでまっすぐだから、自分にないところにいかなきゃと思って不安でした」と告白。すると本作で共演が4度目となる気心知れた福士が「ん?」といった表情で有村に目をやった。

 そこで仁菜子と有村は似ているか福士に訊ねると、「似ていると思います。笑顔が可愛いところとか、瞳で語る感じとか。蓮としてはまっすぐな視線がビシバシ伝わってきました」との返事。すると有村も「蓮くんと福士くんは人にはないものを持ってる。それに自然体で常にフラットなので、いつ会っても安心できます」と、互いに役柄にぴったりだったと感想を漏らした。

 現場では廣木隆一監督の存在も大きかった。福士が振り返る。「“やりづらさ”を感じる状態も、全てが悪いことではないのだと気付かせていただきました。後半に蓮の告白シーンがあるんですが、いつも相手を優先するのに自分の意志を第一に伝えていたり、饒舌だったりしていて違和感があったんです。ただ、このやりづらさを大切にすることも重要なんだと監督に教えていただいて。そのやりづらさには意味があって、肯定もできるんだと知りました。仁菜子ちゃんとの出会いや、いろいろなことがあって思いが溢れて。蓮の中での変化が、僕に違和感を覚えさせたのだと」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP