菅田将暉「僕だって野心の塊」 役への共感と出来栄えに手応え感じた『帝一の國』

『帝一の國』菅田将暉インタビュー

『帝一の國』菅田将暉インタビュー クランクイン!

『帝一の國』菅田将暉インタビュー『帝一の國』菅田将暉インタビュー

 2016年だけでも劇場公開映画9作を数え、今年も多数の出演作が控えている俳優・菅田将暉。いまや日本映画界にはなくてはならない若手実力派俳優であるが、そんな菅田が「大きな勝負の作品」と語った映画『帝一の國』が公開を迎える。彼にとって本作はどんな意味を持つのだろうか、胸の内を聞いた。

続きを読む »

 古屋兎丸の同名コミックを、菅田をはじめ、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら若手人気俳優が勢ぞろいし実写映画化した本作。「普通の友達としても関係性が成立しているメンバーが、大きな映画で共演できるのがすごく不思議な感じなんですよね」と率直な感想を述べた菅田。

 一方で「果たし状じゃないですが、他の同世代の役者がこの映画を観たときに、『何で俺が出ていないんだろう』って思われるような作品にしたいんです」と強い気持ちで臨んだことも明かす。出来上がった作品に対して「手応えはありました」と笑顔を見せた菅田。その理由を聞くと「誰一人キャラクターが埋もれていない。それぞれちゃんと記憶に残りますし、みんなはまっている。役者も嫉妬の世界だと言われますが、この作品に関しては、誰も他の人の役を羨ましいとは思わないんじゃないですかね。それほどみんなはまっていると思います」と自信をのぞかせる。

 菅田が演じた帝一は、ある意味野心の塊だが、「誰にでもあると思います。僕だって野心の塊ですから。でもすごく真面目で勤勉。もともと家柄も良く、容姿端麗で成績優秀で、普通に生きたって十分幸せなのに、自ら自分を苦しいところに置こうとするところが好きなんですよね」とキャラクターへの共感を明かす。

 さらに自身との共通点を「自己評価ですが、人前では感情をあまり出さず、家だったり信頼できる人だったりと何かを企んでいるときにテンションが上がる帝一の性質はすごく良く分かります」と語った菅田。さらに「役者業ってプライベートなことを見せなくてもいいと思っているんです。あくまで役を演じるのが仕事でタレントとも違う。その意味で帝一は役者っぽいですけれどね。でも、帝一は隠そうとしても漏れて出ちゃうか(笑)。まあそこが可愛いんですけれどね」と続ける。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP