山田裕貴「僕の“演技を好きな子”がタイプ」 芝居が影響する理想の恋愛スタイルとは

山田裕貴『闇金ドッグス6』インタビュー

山田裕貴『闇金ドッグス6』インタビュー クランクイン!

山田裕貴『闇金ドッグス6』インタビュー山田裕貴『闇金ドッグス6』インタビュー山田裕貴『闇金ドッグス6』インタビュー山田裕貴『闇金ドッグス6』インタビュー山田裕貴『闇金ドッグス6』インタビュー山田裕貴『闇金ドッグス6』インタビュー

 主演作『闇金ドッグス6』が公開になる山田裕貴。現在、ドラマ『僕たちがやりました』が放送中、今後も映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』『トモダチゲーム 劇場版 FINAL』『亜人』『あゝ、荒野』などを抱える話題の山田が、「『ガチバン』シリーズの窪田正孝くん主演の11作は少なくとも超えたい!」と意気込む本シリーズへの思いに始まり、今作がシリーズ初の恋愛ものということで、理想の恋愛スタイルを語り、亭主関白な一面を見せた。

続きを読む »

 「僕が成長することによって大きくなれるシリーズだし、僕が上手くいかなければうまくいかなくなる。僕の成長イコール『闇金ドッグス』の拡大に繋がると思っています」と口を開いた山田。このところ、映画もドラマも出演作品が続き、活躍を見せているが、本人は「まだ僕のことを知らない人はいっぱいいる。『闇金ドッグス』シリーズも、存在を知られていないということがあったら、それが一番の恐怖。次に何をしたらより多くの人に、僕を、ひいてはシリーズを知ってもらえるか、常に考えています」と冷静に話す。

 シリーズもパート6を数え、顔を合わせる俳優たちからは「またやるんだね」と声をかけてもらえることが増えた。「綾野剛さんとか、佐藤健くんとか、菅田将暉とか、窪田くんにも言われました。もともと『闇金ドッグス』で僕が演じている安藤忠臣は、『ガチバン』シリーズで窪田くんが主演した『ガチバン ULTRAMAX』で初めて登場したキャラクターでした。窪田くんの『ガチバン』が11作あるので、まずはそこを超えたいと思っています」。

 本シリーズは、元ヤクザの金貸し屋、忠臣と相棒の須藤(青木玄徳)が顧客たちと繰り広げる人間模様を描いてきたが、今作では初めて忠臣の恋愛模様が描かれることに。

 「(『闇金ドッグス』で恋愛ものは)絶対にないと思っていました。なので、いい意味での違和感がありましたね。いつもはもっと怖かったり、そっけない忠臣が、今回は全編通じて優しいんです。でも人間なんだから、いろんな面があって当然で、その部分が生きてるってことだと思うんです。ただ忠臣は僕にとってかなり近しい存在だから、完成した作品を観たときには、自分の恋愛をさらけ出しているようで、むず痒かったです(笑)」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP