ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、『スター・ウォーズ』復帰の重圧を語る

マーク・ハミル、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』インタビュー

マーク・ハミル、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』インタビュー クランクイン!

マーク・ハミル、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』インタビューマーク・ハミル、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』インタビューマーク・ハミル、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』インタビューマーク・ハミル、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』インタビュー

 行方不明だったルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)が、突然姿を現した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』衝撃のラストから2年。さまざまな謎を抱えながらシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がついにそのベールを脱ぐ。「ジェダイは滅びる」とつぶやくルークは、果たしてどんな運命をたどるのか。今回、来日を果たしたマークが、新作への熱い思い、シリーズへの深い愛を赤裸々に語った。

続きを読む »

 約30年ぶりに『スター・ウォーズ』に復活したマーク。ファンにとっては、ずっとルークとして心の中に生き続けているが、本人はどんな気持ちで撮影に臨んだのだろうか。「まず、1つのキャラクターを、長い年月を経て再び演じるなんて、かなりレアなケース。そういった意味で、今回は貴重な体験だったね。自分自身も人生経験を重ね、物の見方も変わってきたこともあり、『スター・ウォーズ』に対してよりありがたみが増したように思う」と感謝しきり。

 当初、ルークを再び演じることにかなり恐怖心があり、消極的だったと伝えられていたが、それは、『スター・ウォーズ』への愛が深いからこその葛藤だったとマークは振り返る。「自分の中では、旧3部作で完結していたので、30年後にまさか新3部作ができるとは思いもしなかった。あれだけ完璧なものが出来上がっていて、世界中から愛されているのに、自分がまたルーク役でノコノコ戻ってきて台無しにしてしまったらどうするんだ? そう思い始めたら、すごく怖くなってきたんだよ」。

 さらにマークは、「自分はそもそも神経質ですぐに緊張してしまうタイプ。ブロードウェイの舞台にも長年出演していたが、何ヵ月もロングランでやっている舞台でも、毎晩、灯りが落ちて、“さぁ、本番だ”というときに、心臓がドキドキしてしまって。ちょっと舞台恐怖症のようなところがあるんだ。そんな性格に輪をかけてルーク役がのしかかるわけだから、プレッシャーは並大抵のものじゃなかった」と述懐する。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP