人気ゲーム『アサシン クリード』実写版、監督決定か?

『アサシン クリード』実写版、監督候補はダニエル・エスピノーサか?

『アサシン クリード』実写版、監督候補はダニエル・エスピノーサか?(C) AFLO

 映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11)のマイケル・ファスベンダーが主人公デズモンド・マイルズ役を演じる予定の人気ゲーム『アサシン クリード』実写版。昨年8月に『ウルヴァリン: SAMURAI』の脚本家スコット・フランクが脚本に手を加えているというニュースがあって以来、続報がなかったが、ここにきて監督の名前が浮上した。

続きを読む »

 Twitchによると、プロデューサー(マイケルもその一人)と20世紀フォックスは、本作の監督としてスウェーデン人監督ダニエル・エスピノーサの起用に照準を定めているという。エスピノーサはスウェーデン映画『イージーマネー』(11・未)で注目され、デンゼル・ワシントン&ライアン・レイノルズ共演のサスペンス・アクション『デンジャラス・ラン』(12)でハリウッド・デビューした監督だ。

 『アサシン クリード』は第三回十字軍が遠征した1191年頃の大シリア地域が舞台。プレーヤーはアサシン教団の一員アルタイルとして、隠密行動をしながらターゲット情報を集め暗殺を遂行していくというゲーム。デズモンド・マイルズはアルタイルの血を引く現実世界の青年で、暗殺が行われるのはデズモンドのDNAから構築した架空世界の中という設定。

 マイケルは昨年10月、同作の脚本を開発中と話しており、ここで監督候補の名前が浮上しているということは、製作の本格始動が間近ということか? 映画版『アサシン クリード』の北米公開予定日は当初の発表から何度か変更になり、昨年11月の発表では2015年8月7日(現地時間)公開予定となっている。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP