SABU監督最新作『天の茶助』キャスト発表 松山ケンイチが人間に恋する天使に!

SABU監督最新作『天の茶助(仮)』 松山ケンイチ、大野いとを筆頭に豪華キャストが集結!

SABU監督最新作『天の茶助(仮)』 松山ケンイチ、大野いとを筆頭に豪華キャストが集結!

 『弾丸ランナー』『DRIVE』などで知られるSABU監督が、自身初の執筆小説を原作とし、オフィス北野が製作を務める最新作『天の茶助(仮)』のキャストが発表された。主演の松山ケンイチを始め、ヒロインに大野いと。更に大杉漣、伊勢谷友介、玉城ティナ、寺島進といった豪華な顔ぶれとなっている。

続きを読む »

 物語は天界から始まる。大勢の脚本家が、地上で生きる人々の“人生のシナリオ”を書いている。天界でお茶汲みを担当している天使・茶助(松山)は、とある脚本家が担当する女性ユリ(大野)に好意を抱く。

 ところが、ユリが事故で死ぬ運命にあることを知った茶助は、彼女を救いたい一心で地上に降り立つ。沖縄を舞台に、愛と友情を貫き通す茶助とユリの運命はいかに。そして、彼らを待ち受ける衝撃の過去とは…。

 SABU監督は本作の製作経緯について「出来たら凄いけど何やかんや難しいだろうと思っていたのに、松山ケンイチ君の“やります”の一言と 、オフィス北野の市山さん(プロデューサー)の“やりますよ”の二つ返事に驚愕」と明かす。

 更に、「お二人とも凄い人です。凄い人の所にはやっぱり凄い人たちが集まるもので、今もまだ集まり続ける中、間もなく撮影開始です。全編沖縄ロケ。沖縄の凄い協力と凄い応援。凄い映画になります」と、自信を感じさせるコメントを寄せた。

 茶助役の松山にとっては、SABU監督作品『うさぎドロップ』以来2度目の主演映画。「またSABUさんと一緒に仕事ができる事をとても嬉しく思っています。強さと優しさと可愛さを兼ね備えた役なので、全て表現できる様に突っ走り たいと思います」と意気込みを語った。

 『天の茶助(仮)』は2015年全国公開。なお、現在エキストラを募集中。詳細は特設サイトまで。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP