押井守監督の演出秘話も判明!『東京無国籍少女』3人の注目女優が編集部突撃

『東京無国籍少女』出演の花影香音(左)、田中日奈子(中)、吉永アユリ(右)が編集部を訪問してくれた

『東京無国籍少女』出演の花影香音(左)、田中日奈子(中)、吉永アユリ(右)が編集部を訪問してくれた

『東京無国籍少女』出演の花影香音(左)、田中日奈子(中)、吉永アユリ(右)が編集部を訪問してくれた『東京無国籍少女』出演の花影香音(左)、田中日奈子(中)、吉永アユリ(右)が編集部を訪問してくれた『東京無国籍少女』出演の花影香音(左)、田中日奈子(中)、吉永アユリ(右)が編集部を訪問してくれた

 押井守監督の最新作『東京無国籍少女』の7月25日公開を前に、同作に出演している田中日奈子と吉永アユリ、花影香音が都内の「クランクイン!」編集部を訪れ、撮影の裏側や本作の見どころを語ってくれた。

続きを読む »

 本作は、押井監督が、女子美術高等専門学校を舞台に、衝撃のラストを迎える少女の日々を描いたソリッド・サスペンス。主演を、園子温監督の『TOKYO TRIBE』でヒロインに抜擢されて注目を集める清野菜名が務める。

 本作は、押井監督自身が「これまで設けていた枠を外そうと思った」と語っているように、新たな挑戦があちこちに見られる仕上がりとなっている。そこで、撮影での押井監督の印象について尋ねてみた。

 「出演者が監督の思う通りの演技をするとちっちゃい声で『よっしー』と、失敗したときは『あ〜』とか言うんですよね。そういう風に感情を表に出してくださってて、ああ今のよかったんだとわかる点は、ほかの監督さんと違いました」(花影)、「押井監督は優しく根気づよく何回も教えてくださったり、演者がいかにどれだけやりやすくできるかを考えてメガフォンをとっている方」(田中)と、演出を受けたからこそわかる押井監督の一面を明かす。

 劇中では、高校の同級生を演じた3人。だが、劇中のみならず実際も田中と花影は同じ学校の同級生だという。田中が「この映画の前は全然しゃべったこともなくて…」と振り返ると、花影も「この映画がきっかけになってけっこう喋れるようになって、(そのあと)同じクラスになって今隣の席です」と話す。一方、「この作品で初めて出会いました」という吉永は、「撮影期間短かったんですけど、すごく仲良くなって撮影期間の間、本当に高校に通っている気分でした」と語る。

 最後に、作品の見どころを聞くと、「謎解きみたいなところもあるし、迫力もある」(吉永)、「私たち3人の役にも最後にはちゃんと意味が込められているので、頭を揺さぶられる映画というか、刺激的な映画になっていると思います」(花影)と「ネタバレが多くて言いたくても言えない」というもどかしさが伝わってくる答え。


 さらに、田中からは「私、左手の指にマニキュアをしているんです、ショッキングピンクの。その色と位置だけは覚えてて欲しいです」とアドバイスも。「そこを覚えておくとしっくりくる」(花影)とのことなので、ぜひとも劇中でチェックしてもらいたい。

 映画『東京無国籍少女』は、7月25日より新宿バルト9ほかで全国ロードショー。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP