『スター・ウォーズ8』遂に撮影スタート エピソード9も製作開始

『スター・ウォーズ:エピソード8』撮影がスタート!(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』場面写真)

『スター・ウォーズ:エピソード8』撮影がスタート!(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』場面写真)(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

 2015年12月18日に世界公開された新三部作の第1弾『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が世界興行収入20億ドル(約2244億円)以上を上げている中、次なるエピソード8の撮影が始まったことを米ディズニーのCEOボブ・アイガー氏が発表したという。Entertainment WeeklyやColliderなどの海外メディアが伝えた。

続きを読む »

iflame

 公開予定が2017年5月から12月にずれこんだエピソード8。当初、1月からの撮影開始が予定されていたが、数週間の遅れで済んだようだ。アイガー氏は米ウォルト・ディズニー・カンパニーの四半期業績発表の席で「このシリーズを未来へと推し進めるのに一番の方法は、品質の高い商品を生産することに尽きます。この伝説のサーガの次章『Star Wars: Episode VIII(原題)』の撮影がちょうど始まりました」と語ったという。また2019年に公開予定のエピソード9の製作も始まったとのことだが、何をもって製作と言っているかは不明とのことだ。

 エピソード8は映画『LOOPER/ルーパー』(13)のライアン・ジョンソン監督がメガホンを握り、レイ役のデイジー・リドリーやフィン役のジョン・ボイエガ、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、ポー役のオスカー・アイザックら新キャスト、そしてハン・ソロ役のハリソン・フォード、レイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャー、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルらオリジナル・キャストが再集結する。さらにベニチオ・デル・トロが悪役でキャストの仲間入りを果たす。

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では撮影が始まって早々にハリソンが落ちてきたミレニアム・ファルコンのドアにぶつかり足首を負傷したが、本件に関しては製作者側に過失があったとして英安全衛生庁がディズニーの子会社フードルズ・プロダクションを訴追するという。

採用情報

誕生日

もっとみる

PAGE TOP