宮沢りえ、主演映画の初日舞台挨拶に登壇 森田剛との交際報道には無言を貫く

『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、宮沢りえ

『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、宮沢りえ クランクイン!

『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、宮沢りえ&杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、オダギリジョー『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、松坂桃李『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、松坂桃李、オダギリジョー、宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、伊東蒼『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、中野量太監督『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、オダギリジョー&宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶に出席した、宮沢りえ&杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶の様子『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶の様子『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶の様子『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶の様子

 家族の愛の物語『湯を沸かすほどの熱い愛』の初日舞台挨拶が29日に都内で行われ、出演する宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東蒼、中野量太監督が登壇した。先日、V6の森田剛との熱愛が報じられた宮沢に記者から質問が飛んだものの、足早に去り、言及することはなかった。

続きを読む »

 『湯を沸かすほどの熱い愛』は、余命わずかだと宣告された母・双葉(宮沢)が、残る時間で絶対にやっておきたい3つのことを実行していく物語。死にゆく母と残される家族が紡ぎだす愛という普遍的なテーマを、想像できない展開でラストへと導く。

 主演の宮沢、そして熱演を見せた杉咲と作品への愛があふれる挨拶が続いた後に、オダギリの出番となった。オダギリは「えっと…胸がいっぱいで何もしゃべれません」と言うと、すかさず宮沢から、「オダギリさん、ちゃんとしてください、お願いします。初日です」とたしなめられた。するとオダギリは、「僕はこの作品を観て強く思ったのが、特に宮沢さんと杉咲さんが俳優としての…素晴らしい表現っていうんですかね?」と話そうとするも、宮沢に「頑張ってください」とさらにくぎを刺され、「真面目にしゃべっているんですけど…」としどろもどろになっていた。

 作品に並々ならぬ思い入れがあるという宮沢は、「演技って嘘の中で生きることなんだけど、本番という嘘の中で呼吸していると、枠がなくなっていって本当の時間が流れているんじゃないかと錯覚にとらわれることが多くて」と、境界線があいまいになるほどのめり込んだと話した。オダギリも「この作品はいいに決まっているという思いが強すぎて、見る気になれなくて。宮沢さんはじめ、素晴らしい芝居を現場で見ていたので」と乗っかったが、「一緒にやっていたんですよ。見ていたとかいうの、やめてください(笑)」とまた宮沢につっこまれると、オダギリは「そうですね」と同意し会場の笑いを誘っていた。

 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は全国公開中。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP