ブラッド・ピット、最もコスパの“低い”スターに “高い”スター1位はE・エステヴェス

ブラッド・ピット、最もコスパの低いスターに コスパの高い俳優1位はE・エステヴェス

ブラッド・ピット、最もコスパの低いスターに コスパの高い俳優1位はE・エステヴェス(C)AFLO

「1980~2010年代で最もコスパの高いドル箱スター」1位:エミリオ・エステヴェス「1980~2010年代で最もコスパの高いドル箱スター」2位:ジャン=クロード・ヴァン・ダム「1980~2010年代で最もコスパの高いドル箱スター」3位:メル・ギブソン「1980~2010年代で最もコスパの高いドル箱スター」4位:タイラー・ペリー「1980~2010年代で最もコスパの高いドル箱スター」4位:ダドリー・ムーア(※映画『おかしな関係』より)「1980~2010年代で最もコスパの低いドル箱スター」1位:ブラッド・ピット「1980~2010年代で最もコスパの低いドル箱スター」2位:ジョニー・デップ「1980~2010年代で最もコスパの低いドル箱スター」3位:ロバート・デ・ニーロ「1980~2010年代で最もコスパの低いドル箱スター」4位:ヒュー・ジャックマン「1980~2010年代で最もコスパの低いドル箱スター」5位:アンソニー・ホプキンス

 オンラインカジノを運営する英PartyCasinoが「1980年代から2010年代で最もコスパの高いドル箱スター」ランキングを発表。1位は、ここ最近スクリーンに登場していない1980年代の人気スターだった俳優エミリオ・エステヴェス。一方、「コスパの低いスター」にブラッド・ピットが選出された。E!NewsやVarietyなどの海外メディアが伝えた。

続きを読む »

 Party Casinoは1980年から2017年にドル箱スターが出演する作品の興行収入を分析。ドル箱スターはその期間に少なくとも10作品以上に出演していることが条件の1つになっているという。

 その結果、1位に選ばれたのは俳優マーティン・シーンの長男で俳優チャーリー・シーンを弟に持つエミリオ。1980年代から1990年代にかけて、映画『アウトサイダー』や『セント・エルモス・ファイアー』、『ヤングガン』、『飛べないアヒル』など数々のヒット作に出演した。エミリオはギャラ1ドル(約113円)に対して、6ドル70セント(約763円)の興行収入を上げたという。

 逆に最もコスパの低いドル箱スターは、54歳になる現在も、第一線で活躍するブラッド・ピット。出演料が高いこともあるだろうが、1ドルに対して10セント(約11円)の返しに留まったとのことだ。全体的に見て、現在も人気の高い俳優がコスパの低いランキングに入っている。

 Party Casino発表、
「1980~2010年代で最もコスパの高いドル箱スター」上位5名は以下の通り。
()内はギャラ1ドル当たりの興行収入額。
1位 エミリオ・エステヴェス(6ドル70セント/約763円)
2位 ジャン=クロード・ヴァン・ダム(4ドル20セント/約478円)
3位 メル・ギブソン(3ドル50セント/約398円)
4位 タイラー・ペリー(3ドル/約341円)
4位 ダドリー・ムーア(3ドル/約341円)

「1980~2010年代で最もコスパの低いドル箱スター」上位5名
1位 ブラッド・ピット(10セント/約11円)
2位 ジョニー・デップ(20セント/約22円)
3位 ロバート・デ・ニーロ(24セント/約27円)
4位 ヒュー・ジャックマン(25セント/約28円)
5位 アンソニー・ホプキンス(26セント/約29円)

誕生日

もっとみる

PAGE TOP