ベン・アフレック、ハーヴェイ・ワインスタインが絡む映画の追加報酬を全額寄付

ハーヴェイ・ワインスタイン絡みの映画で得た追加報酬を全額寄付するというベン・アフレック

ハーヴェイ・ワインスタイン絡みの映画で得た追加報酬を全額寄付するというベン・アフレック(C)AFLO

『トゥルー・ロマンス』(1993)『スクリーム』(1996)英語版『もののけ姫』(1997)『恋におちたシェイクスピア』(1998)『パラサイト』(1998)『サイダーハウス・ルール』(1999)『最終絶叫計画』(2000)『偶然の恋人』(2000)『ロード・オブ・ザ・リング』(2001)『アザーズ』(2001)『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2001)『シカゴ』(2002)『キル・ビル』(2003)『コールド マウンテン』(2003)『世界で一番パパが好き!』(2004)『Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?』(2004)『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』(2005)『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)『ミスト』(2007)『愛を読むひと』(2008)『イングロリアス・バスターズ』(2009)『英国王のスピーチ』(2010)『世界にひとつのプレイブック』(2012)『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)『パディントン』(2014)『黄金のアデーレ 名画の帰還』(2015)『ヘイトフル・エイト』(2015)『シング・ストリート 未来へのうた』(2015)『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(2016)『ゴールド/金塊の行方』(2016)

 海外ドラマ『One Tree Hill』の女優ヒラリー・バートンに過去のセクハラ行為を非難された俳優ベン・アフレックが、セクハラスキャンダルの渦中にあるハーヴェイ・ワインスタイン絡みの映画で発生する再放送料などの追加報酬を全額寄付することを発表した。

続きを読む »

 ワインスタインのセクハラ行為を批判した後、自身も批判される憂き目を見たベン。Peopleによると、米ワシントンDCのローカル局Fox 5のインタビューで、友人のケヴィン・スミス監督がワインスタイン製作の作品で得た追加報酬をチャリティに寄付すると述べた件について尋ねられると、「ケヴィンの意向に触発されて、僕もそうすることにしたんだ」とコメントしたという。

 ベンは「今後、ミラマックスやワインスタインが絡む映画で発生した追加報酬は、F.I.(Film Independent)や、RAINNに寄付するつもりだ」と続けた。F.I.はインディーズ映画のフィルムメーカーを支援する非営利団体で、RAINNは性的暴行の被害者を支援し、性犯罪の撲滅などに力を入れる女性の団体。

 ワインスタインは弟のボブ・ワインスタインと共に映画会社ミラマックスを1979年に設立。インディーズ映画などを多数配給し、ベンがマット・デイモンらと出演した1997年の『チェイシング・エイミー』や『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』、2000年の『偶然の恋人』などを配給した。ワインスタイン兄弟は2005年に同社を去り、ザ・ワインスタイン・カンパニーを設立している。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP