多部未華子、『視覚探偵』松坂桃李&濱田岳と「現場をつくっていけるのは楽しい」

多部未華子、『視覚探偵』松坂桃李&濱田岳と「現場をつくっていけるのは楽しい」

多部未華子、『視覚探偵』松坂桃李&濱田岳と「現場をつくっていけるのは楽しい」 クランクイン!

多部未華子、『視覚探偵』松坂桃李&濱田岳と「現場をつくっていけるのは楽しい」多部未華子、『視覚探偵』松坂桃李&濱田岳と「現場をつくっていけるのは楽しい」多部未華子、『視覚探偵』松坂桃李&濱田岳と「現場をつくっていけるのは楽しい」『視覚探偵 日暮旅人』第2話場面写真

 2015年11月に2時間のスペシャルドラマとして放送された『視覚探偵 日暮旅人』が連続ドラマとして帰ってきた。主演の松坂桃李をはじめ、メインキャストはそのまま続投し、スペシャルドラマで張られたさまざま伏線や謎が解き明かされていく。今回、ストーリーテラーとしてナレーションを務めるのが、保育士・山川陽子役の多部未華子だ。「登場人物やゲストが個性的で、主人公が特殊な設定となっています。その意味では、見ている方は一番陽子目線になれるのでは」とドラマの見方を指南してくれた多部に、作品の見どころや撮影でのエピソードを聞いた。

続きを読む »

 松坂扮する日暮旅人は、ある事件がきっかけで、視覚以外の五感のすべてを失ってしまったものの、唯一の視覚が研ぎ澄まされ、その能力を駆使する探偵。血のつながらない娘の灯衣(てい)を通して陽子と知り合うこととなる。スペシャルドラマでは、過去に旅人と陽子が何らかの関係があったのでは……という伏線が張られていた。

 陽子は物語の重要な鍵を握っているようだが「スペシャルドラマの時にあったキーホルダーの謎はまだ明らかになっていないのです。現時点では5話まで台本ができているのですが、これから最後に向けて色々なことが明らかになるのかなって思っています」と多部自身も今後の展開に興味津々の様子だ。

 スペシャルドラマ以来、久々に以前のメンバーと顔を合わせたという多部。「また同じメンバーでやれるのは嬉しい半面、堤(幸彦)監督の現場はカット数も多く、アイデアもたくさん出てくるので大変です」と本音ものぞかせる。それでも「そんなアイデアに松坂さんも濱田さんも、木野花さんも、木南(晴夏)さんもゲストの方も、『ハイ』って適応していくんです。そういう方たちと現場を作っていけるのは楽しいですね」と目を輝かせた。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP