『セトウツミ』高杉真宙&葉山奨之、真逆の性格の2人の共通課題は“大阪弁”

『セトウツミ』高杉真宙&葉山奨之インタビュー

『セトウツミ』高杉真宙&葉山奨之インタビュー クランクイン!

高杉真宙、『セトウツミ』インタビュー高杉真宙、『セトウツミ』インタビュー高杉真宙、『セトウツミ』インタビュー『セトウツミ』葉山奨之インタビュー『セトウツミ』高杉真宙&葉山奨之インタビュー『セトウツミ』高杉真宙&葉山奨之インタビュー『セトウツミ』高杉真宙&葉山奨之インタビュー

 昨年映画化された此元和津也の人気コミックが、連続テレビドラマ『セトウツミ』(テレビ東京ほか)になって帰ってきた。主演の関西の男子高校生コンビを演じるのは、次世代を担う若手注目俳優の高杉真宙と葉山奨之。プレッシャーをはねのけながら日々悪戦苦闘する両雄が、本作に懸ける熱い思いを語った。

続きを読む »

 友達が少ないクールなインテリメガネ・内海想(高杉)と、サッカー部を退部して暇を持て余すお調子者の瀬戸小吉(葉山)。本作は、そんな関西の凸凹男子高校生コンビが、放課後、河原に座り込んで、ただ“喋るだけ”なのに、クスッと笑えて心温まる青春コメディ。メガネ男子の高杉と、ツンツン頭の葉山が、学ラン姿でコミックのビジュアルを再現し、大阪弁でボケとツッコミを繰り広げる。

 「役柄そのままに、真逆の性格」とお互いを分析する高杉と葉山は、本作のオファーを受けたときの心境も対照的。内海を演じる高杉は、「もともと原作が大好きで、映画版ももちろん観させていただいたので、ガッツリ意識しちゃいましたね。不安や緊張に変換された部分は確かにありましたが、その思いが、逆に自分を突き動かす“エンジン”になった」と振り返る。

 一方、瀬戸を演じる葉山は、「世間的には映画版のイメージが強いでしょうが、僕は“新しいものを作れたらいいな”という思いでいっぱいでした。1話約3エピソードなので、『サザエさん』を観るように、金曜の深夜、僕たち2人の会話劇を自宅で気軽に楽しんでいただけたら」と意欲的。さらに、「映画版の真似をしてしまったら、表現者としてつまらないと思うので、僕と真宙の中で生まれてきたものを大切したい」と目を輝かせる。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP